Katayama Takatoshi Weblog
カーネルパニック
d0094333_23251737.jpg
先日、愛用のマシンMacBook Pro 15インチのOSをアップデートしていたら、途中でフリーズした。しかたがないので再起動したものの、見覚えのない画面が出てきて、再起動せよとの警告。その後いくら再起動しても同じ画面…。調べてみるとこれは「カーネルパニック」という症状でOSに致命的な問題があるときに出てくるらしい…。

こういう場合は買った時についてきたシステムのCDから起動してディスクを修復するのが定石だが、しばらく前から光学ドライブが壊れていて、無理。

ということでまずは光学ドライブの入れ替えを行うことにした。
内蔵されているドライブはMATSHITAのUJ-875というものだが、これはどうやら今は使われていないらしく、代わりにHLDSの「GSA-S10N」というものがAppleの純正になっている。

さっそくネットで購入。16500円也。9.5mmの超薄型なので高い。
MacBookをターゲットモードで起動し、他のMacにバックアップをとってから、いよいよ解剖♪ 精密機械の分解作業は楽しい。私は子どもの頃から分解癖がある。テレビを分解して感電したり、カメラを分解してネジを1本飛ばし簡単に多重露光が出来るようになってしまったり、扇風機を分解してショートさせたり、コンセントにナイフを差し込んで遊んでいて感電するなんてこともよくあった。

というわけで、わくわくしながらドライバーセットとMacBookを用意。
ドライバーセットは表参道のMoMAストアで売っていたという精密ドライバーとトルクスドライバーがずらりと揃った、まるでMacを分解するためにあるような優れものを学生から借りた。
d0094333_23255339.jpg
d0094333_23261266.jpg
とりあえずネジというネジを全て外す。メモリドアのネジも外して、さらにその中にあるネジも外す。よし、これで全部外れたと思って、キーボードをそろりそろりと持ち上げたのだが、トラックパッドの手前で何かひっかかりがあり、うまく外れない。よ〜くみるとバッテリーケースの側面にもネジがあった。こういうときに無理をしてはいけない。このネジを外すと難なくキーボードが持ち上がった。
d0094333_23271160.jpg
d0094333_23272331.jpg
d0094333_2326588.jpg
ネジは外した順番に並べておく。これは長年の分解作業で培った知恵だ。
d0094333_23284100.jpg
無事上蓋が外れて、ドライブが見えた。
今度はドライブ周辺のネジというネジを全て外し、ドライブを外し、側面のガイドを新しいドライブに付け替える。あとは逆の手順で組み立てていき完成。
d0094333_23284494.jpg
d0094333_23285316.jpg
無事CDから起動してOSを再インストールしようとしたが、ハードディスクの容量が足りず、ディスクを消去してからインストールするしか方法がない。しばらく考えたがこの際大掃除もいいかと思ってきれいさっぱり全て消して、OSをインストール。愛機は新しくまっさらな状態になった。

さて、なったのはいいのだが、冷静に考えると、このマシンはハードディスクの容量が80GBしかない。それで今までは外付けのハードディスクにデータを移しながら苦労して使っていたのだが、ムービーの編集などはエラーが多くてかなり厳しかった。そもそもアップデートの最中にフリーズした原因も容量不足だったんじゃないか?
…この際ハードディスクも入れ替えるべきなのではないか?

思い立ったら即実行。
シリアルATA 1.5Gb/s 250GBのハードディスクをネットで注文。
WesternDigital WD2500BEVS
6480円也。

次はハードディスクの換装だ。
by katayama_t | 2009-08-17 23:36 | Life
<< 着々と進行 ベランダ防水工事 >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile