Katayama Takatoshi Weblog
花冷え・断熱・イランの新年
急に寒くなって風邪を引き、2〜3日寝込んでいたが、熱が下がったので昨日から活動開始。

子どもの進級で自転車が必要になるため、午前中に環境センターという名のゴミ処理場に行き、まだまだ使えそうな自転車を500円でゲット。
d0094333_18104465.jpg
d0094333_18105629.jpg
次に「現場」に行き、注文してあった断熱材を大引きの間に入れていく作業。断熱材は「フォレストボード」という杉の繊維をコーンスターチで固めたものを使用。昔のテレビの裏板に使われていた素材をもう少し柔らかくした感じ(知っている人は昭和40年代より前の世代だ)。丸鋸で簡単にカットできて、少し弾力性もあるのでなかなかいい具合に収まる。厚みは値段との兼ね合いだが、25mm厚を使用。
d0094333_1811951.jpg
d0094333_18111925.jpg
お昼を食べて少し休んでから、招待されていたイランの新年のお祝いパーティーに家族で参加するため千葉のセイエドさん宅まで車をとばす。

イランの新年は3月21日春分の日だそうで、祭壇に7つの「S」で始まる物を供える。供え物にはそれぞれに意味がある。サブゼ(小麦、レンズ豆の新芽:復活)、サマヌ(小麦の新芽で作った飴。日本の麦芽飴と同じものか?:富)、シール(ニンニク:薬)、シーブ(りんご:美)、セッケ(コイン:日の出)、セルケ(酢:忍耐)、センシェド(ナナカマド:愛)。この他にも金魚や鏡、ろうそく、ペイントされた卵、花、コーランなどが置かれていた。

出てきた食べ物は、どうやって作るのか見当もつかないような手の込んだ料理が山盛りで、どれもおいしい。トルコを旅行した時にもレストランで似たような料理を食べたが、やはり家庭で作った料理が一番うまい。これは世界共通。
d0094333_18112846.jpg
たらふく食べて、家に帰り着いたのが夜の11時。
家に着いてから、この春に小学校に入学する末っ子のためにネットオークションでランドセルをゲット。新品で8000円。店に行くと安くても17000円くらいする。ネットを利用していない人はそうとう高い買い物を強いられているのだ。デパートが倒産するわけだ。

病み上がりにしてはハードな一日だった。
by katayama_t | 2010-03-28 18:15 | Life
<< 4月1日のニュース 野生と半野生 >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile