Katayama Takatoshi Weblog
oriori購入
d0094333_22173882.jpg
ずっと水筒が欲しいと思っていたが、気に入ったものが無くて時々子どもの水筒を借りていた。それが先日ようやくみつけた。これなら嫌な気分にならずに持ち歩ける。胴体は滑り止めにシリコンゴムが巻いてあるが、これはそのうち皮で手作りしようと思う。大手メーカーの水筒は見るからに「工業製品」で、生活をしていないヒトがデザインしているとしか思えない形をしているが、これはだいぶ趣が異なる。

枝元ほなみさんという料理研究家のデザイン。

使うたびに嬉しい道具。
無駄や無理のない合理的できれいな道具。
「本当に必要なものはなに?」と考え抜いて、
欲しかった物だけを作ったのが
oriori。 自信作です。

と同封の小さなリーフレットにある。
確かに、これは必要で欲しかったと思える形だが、では大手のメーカーは何を考えて作っているのだろう???
やっぱり丁寧な生活をしていないデザイナーが作っているのだろうな。
物に対する愛が感じられない。

物に対する愛といえば、ジョセフ・コーネル。
今、川村記念美術館で「ジョゼフ・コーネル × 高橋睦郎 箱宇宙を讃えて」という展覧会をやっている。今日行ってきたのだが、すばらしい展覧会。コーネルの箱は愛にあふれている。
by katayama_t | 2010-04-23 22:19 | Life
<< いい天気で仕事がはかどる ストーブ置き場完成 >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile