Katayama Takatoshi Weblog
生きることは呼吸をすること
先日大学の卒業生が亡くなり今日は火葬場へ見送りに行った。昨日までの雨が嘘のように晴れ渡り気温は急上昇。暑い中、急な知らせにも関わらず100名近い人達が集まり、それぞれ言葉少なに最後のお別れをした。

若い人が死ぬのは辛い。
人生は80年くらいだと多くの人はなんとなく思っている。「人生設計」だとか、40歳になると「人生の折り返し地点」だとか…。明日も、そしてその次の日も生きていることを疑う人は少ない。

でもそんなのは錯覚だ。

明日生きている保証などどこにもない。だから大切な人とは会いたいと思う時に会っておいたほうが良い。言いたいことは言いたいと思ったときに言っておいたほうが良い。そうしないと「いつか」など永遠に来ないかもしれないから。

夕方、仕事が終わってから現役学生と「呼吸」というBarに行った。亡くなった彼女もここにはよく来ていたらしい。千葉にはめずらしく中央線沿線のような情緒があり、いろいろな年齢層の人が共に集える雰囲気でなかなか素敵な空間。

どうして「呼吸」という名前にしたのだろう? と思っていて、ふと、「生きる」ことは「息をする」ことなのだと気づいた。生きやすい環境とは、息がしやすい環境だ。「良く生きる」というのは、息苦しくなく深く充分に呼吸できることだ。人は良く生きるために産まれてきている。息苦しい場所で我慢する必要など何も無い。
d0094333_23224621.jpg
d0094333_23225976.jpg

by katayama_t | 2010-06-17 23:21 | Life
<< 蛍の光、階段の作り 図面はイラレで >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile