Katayama Takatoshi Weblog
プリントゴッコが消える!
理想科学が来年いっぱいでプリントゴッコの消耗品販売を終了するらしい。パソコンやプリンタの普及によって08年には本体の製造・販売を取りやめていたが、消耗品の販売も低迷を続け、いよいよ35年の歴史に幕を閉じる。

発売当初はまだパソコンが無い時代。家庭で簡単に印刷ができる装置として人気を博したが、美術関係者の間ではただの印刷機ではなく「シルクスクリーン印刷」が簡単にできる装置として注目された(…と思う)。シルクスクリーンと言えばあのアンディ・ウォーホルが使ったのと同じ技法である。そんな本格的な装置が家庭用に販売されているということに少なからず衝撃を覚えた。

私は今でも年賀状制作に愛用しているが、インクの物質としての厚みや滲みなど、インクジェットには絶対に出せない質感がとても良い。それになによりも金や銀、白などの特色が自由に使えるのが素晴らしい。こういうとてつもない製品が無くなっていくのはなんとも淋しい限りである。
d0094333_2311653.jpg

by katayama_t | 2011-09-20 23:09 | Life
<< ぴゅうたろう日常 制作4日目 >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile