Katayama Takatoshi Weblog
神保電器のプレートをつける
下の2つの違いが分かるだろうか? 実はこの2つを買った時には気がつかなかったのだが、Panasonicのこのコンセントに神保電器のプレートを付けようとして気がついた。左側のものにはうまく付かなかったのだ。
d0094333_1631053.jpg

違いが分かりやすいようにアップにしてみる。
↓これが右側のもの
d0094333_1635258.jpg

それに対して↓こちらが左側
d0094333_1641741.jpg

コンセントの台座が出っ張っていて、よく見ると「コスモシリーズワイド21」と書いてある。
d0094333_1644353.jpg
プレートを付けてみると下の写真のようにプレートの中に収まりきらない。
d0094333_165448.jpg

対する右側のプレートはぴったりと収まる。
d0094333_166662.jpg

この左側のものを加工してどうにか収めようかとも思ったが、金よりも時間を優先して、新しく9つ買い足した。うちはコンセントを全部で34個つけたので、買い足しがたったの9つだったのが不幸中の幸い。

しかし、しかしである。いざスイッチやコンセントにプレートを付けてみると、やっぱり杉板の壁には似合わないのだ。ある程度は予想していたので、がっかり度は低いが、やはり、ぴったりとキマッテいるというにはほど遠い。
d0094333_1664086.jpg

結論。
木の壁にはやはり昔ながらのユリア樹脂のプレートがよく似合っている。
下の写真は秋葉原で購入したコンセント。太鼓型が不細工なので1つだけ購入してやめた。その下は今住んでいる家についているスイッチ。木の壁によく似合っている。どちらもNATIONAL製。ユリア樹脂は少し透明感があり木の壁に良く似合う。ううむ…こうなるとメイコウシャのコンセントが正解だったかもしれないが、そっちを付けたら付けたで、たぶん「ちょっとレトロすぎるな…もう少し現代的なイメージがほしい…」とか言っているのだろうな。コンセントやスイッチのたぐいは本当に難しい。
d0094333_167286.jpg
d0094333_167221.jpg

by katayama_t | 2011-10-03 06:09 | Construction
<< 鋳物型完成 まいまいつぶろ >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile