Katayama Takatoshi Weblog
時計を巡る旅
d0094333_953489.jpg
壁掛け時計を購入した。スイス鉄道時計のMONDAINE / モンディーン。定番である。

完成されたしっかりとしたデザインが空間を引き締めている感じがして良い。使ってみると大正解だったが、ここに辿り着くまでには長い道のりがあった。

壁掛け時計はずっと欲しいと思っていて、引っ越したタイミングで何か買おうと探していたが、木の壁に合うコンセントプレートが無いのと同じで、木の壁にしっくりと来るデザインの時計もなかなか無い。プラスチックはまず合わないと思ったので木製のものを探したが、木製といってもプライウッド(曲げ合板)だったり、木目の印刷だったり、また柔らかい印象を持たせるために針や文字が繊細な作りのものが多く、力が無い。

それでも実際に質感を合わせてみないと分からないと思って、とりあえずMUJIの小さな時計を買った。これなら失敗してもじゃまにならない。しかし、実際に合わせてみると本物のウォールナットを使っているにも関わらず、安っぽい。文字盤が印刷のせいもあって、本物っぽさを演出しているだけに見える。安物のアパートに置くのならともかく、本物の木の壁には合わない。こういうテイストではダメだ。却下。
d0094333_974492.jpg
アンティークも探したが、ゼンマイを毎日巻くという生活のゆとりも今のところ無いので却下。アンティーク風デザインというのも気持ち悪いのでダメ。

ネット検索では限界があるので松屋にも行ったし、ハンズにも行ったが「コレだ!」というデザインに巡り会わないまま、悶々としていた。

もう、八方ふさがりだと感じて、やはり作るしか無いのかと思った時に、ふと「モンディーンはどうだろう?」というアイデアが浮かび、即決注文。しっかりとしたデザインであれば木の壁でも大丈夫だと唐突に根拠も無く確信した。

基本無精なので時刻合わせの必要が無い電波時計が良かったのだが、電波時計には良いデザインが無かった。安物の電波時計を買ってきて、機構だけ取り外し自分で文字盤を作るという選択肢も最初から視野に入れていたが、生活のこまごました物事に時間を割くよりも、まずは家を完成させたり、別棟で物置を作って外にはみ出した荷物を収納することに時間を注ぐ方がどう考えてもまともな考えなので却下。

今まで生活に必要な物を買うということがほとんどなく、拾ったり作ったりしてきたが、人が作った物を買うというのもやりすぎなければ悪くない。さて次は何を買うか。
by katayama_t | 2012-01-28 09:13 | Life
<< 畳 アルミナムグループチェア >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile