Katayama Takatoshi Weblog
3月20日(火)
テルミニ駅2階にあるCiaoというレストランで夕食を食べている。スーパーで食料を買ってHotelの部屋で夕食を済ませれば安く上がるのだろうが、わびしくなりそうなので外食。ものすごくお金を使っている気がするが、ここまで来てケチってもしかたがないので好きなものを好きなだけ食べている。もちろんワインも好きなだけ飲む。一人は淋しいけれど日本人の若者に話しかけても全然面白くないし、かといって外国人(この表現おかしい…)に話しかけても英語力がないので会話が続かないのは目に見えている。

しかし今日は散財した。

朝9:30にバチカン博物館へ行き、長蛇の列に怖れをなしていると親しげに話しかけられ「私たちはツアーで予約してあるので参加してくれればすぐに入れる」との甘い言葉。甘い言葉には罠があるのは世の常だが、この行列におとなしく並んでいられる程には気が長くない。ツアーの参加費45ユーロというのが後になって思えば高額すぎるのだが「すぐに入れる」という甘い言葉にのって、それから『この話にのるとどうなるのだろう?』との好奇心も手伝って「OK!」と返事してしまった。

それからツーリズムの事務所で英語ツアーの人数が揃うまで待つことおよそ1時間。ようやく20人ほどの英語ツアーの客が集まったところで、少し移動して、今度は延々とバチカンの歴史の説明…。それからいよいよ予約ゲートから入場となったが、またもやここで待ち。何かのトラブルでチケットが入手できずまたまた延々と待たされる。一同しびれをきらした頃にようやくチケットが入手でき入場。ここまで約2時間…。皆さんざん待たされたのでガイドを置いて勝手に見に行く。結局ガイドは何も用をなさないでボロ儲け。正規の入場料は15ユーロで、予約料が4ユーロなので一人19ユーロあれば入れるはず。残りの26ユーロはまるまる儲けになるというしくみ(笑)。
やはり世の中は甘くない。
d0094333_22133533.jpg
バチカンに入る為の賢いやり方は2つある。1つは面倒でも事前にネットで予約を入れておくこと。長蛇の列は予約していない人達の列だ。それからもう1つは、午後からゆっくり観に行くこと。午後になれば混雑はかなり緩和されている。

間違ってもツアーの客引きの話を信用してはならない。

バチカン内でピザを食べ、午後から昨日行けなかったMAXXI(21世紀近代美術館)に行ったが展示があまりに酷くて吐きそうになる。どうにもならない気分を引きずったまま、何とか気を持ち直そうと次はMACRO(現代美術館)へ。こちらはまあまあ良い展示。しかし、日本の美術館には遠く及ばない。
d0094333_22135850.jpg

by katayama_t | 2012-03-20 22:03 | Life
<< 3月21日(水)帰国 3月19日(月) >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile