Katayama Takatoshi Weblog
元日でも道が混む世の中になった
子どもたちが海を見たいというので、元日の朝、レンタカーを借りて沼津までドライブ。姪っ子も合流して海で遊んだ後は、少子化で廃校になってしまったという母校の中学校へ行く。門を乗り越え、敷地に入ってみると16年前に作った50周年記念のモニュメントが雑草に埋もれそうになっていた。後で聞いた話ではいずれ小中学校が統合された新校舎に移設されるらしい。

子どもが減り、たくさんの学校が無くなっていく中、おそらく全国各地の学校にあるモニュメントの行く末が少し心配。取り残され忘れさられることの無いような良い作品を作らなければいけないのだろうが、どんなに良い作品であっても、それを素晴らしいから残そうという感性と声を上げるだけの生命力が現代の人たちにどれほどあるのか疑問に感じる。

「地域再生」や「地域活性化」という言葉が空しく響くのはそれが常に経済のことのみを指しているからだが、本当に人が幸せを感じるのは、人や、人が作ったものとの関係性(コミュニケーション)においてだ。そこにこそ人間が生きる上で本当に大切な価値がある。
d0094333_17585534.jpg

by katayama_t | 2013-01-03 18:00 | Life
<< 茅葺き屋根 餅つきと雨どい >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile