Katayama Takatoshi Weblog
ドイツレクイエム
d0094333_22303667.jpg以前からそうだったが、義母が亡くなってから仕事上の付き合いというものがいっそう苦痛になった。年度末なのでいろんなパーティがあるが、決まり切った愚にも付かない話を我慢して聞くということがもうできなくなってしまった。立場上出なければいけないという社会的圧力でパーティに出ても、まったく面白くなく、場の空気を沈ませている分かえって迷惑をかけている。その場にいる人たちに失礼なだけでなく、自分自身も不味い料理を食べた後のような後味の悪さで消化不良のまま、その後何日も吐き気が続く。

これはいけないと思って仕事上の付き合いを一切やめて、先日から陶芸をやっている。陶芸というのは不思議なもので、やっているとまったく時間を忘れてしまう。個展の作品制作でもそういう瞬間があるにはあるが、ごく希だ。個展に出す作品となると何としても良い作品を作らなければいけないという気負いがあり、常に時間との闘いで本当に没頭することはできない。頭で緻密に計算しながら感受性を開いて作っている。その矛盾が苦しい。

それが陶芸となるとごく簡単に入り込む。私は陶芸が本業では無いので、自分で使ってみたいと思うものを作っているだけで、人に認められたいというような欲求は微塵も無い。それが心地いい。

ものを作るというのは本来そういうものであるはずだ。作ることそのものに意味があり、人と比べるものでも、自己承認欲求を満たすためのものでもない。常にそこに立ち返って必要であれば世の中には不義理を通すべきなのだ。

「人に迷惑をかけてはいけない」というつまらない道徳観念が人をダメにする。必要であればいくら迷惑をかけたって構わないのではないか。

などということを「ドイツレクイエム」を聞きながら考えている土曜の夜。
by katayama_t | 2013-03-30 22:32 | Life
<< Panda Memorial 長い長い一日 >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile