Katayama Takatoshi Weblog
ささやかな抵抗
d0094333_122281.jpg
畑で在来種の黄色いトウモロコシと黒いトウモロコシを作っている。肥料不足で貧弱だけれど、とっても美味しいので毎年作る。黄色いトウモロコシと黒いトウモロコシは勝手に交配して黄と黒が混ざったトウモロコシができる。遠い昔、デッサンのモチーフに使われる乾燥トウモロコシにこういうふうに色が混ざったものを見かけた。その頃は「綺麗な謎の物体」でしかなかったものが、今自分の手元でその出自を明かしているのを目にすると、自分と世界との繋がりがまた一つ増えたような気持ちになる。

池澤夏樹の「静かな大地」という蝦夷地を舞台にした小説に政財界を動かすほどの実力のある商人が登場する。心ある和人とアイヌが共同経営する広大な牧場を乗っ取る算段で和人の代表者に近づいてくるのだが、牧場のことなど何も知らず馬と牛の区別もつかないようなその男は、牧場の広さや馬の数など数のことしか言わない。常に天井のある場所で仕事をして、私利以外は念頭にない。

一方そこで働いているアイヌは数のことなど考えたこともない。和人が来る前は山には鹿や熊、川には鮭がふんだんにいた。暮らしに困るようなことは無かった。今は和人に乱獲され動物がめっきり減ってしまったが、どうすることもできず、和人のやりかたに合わせて牧場で馬を育て、それを売りながら丁寧に暮らしている。立派な良い馬を育てることで有名だが、金儲けには関心が無く皆で安心して暮らせる場所がほしいだけである。しかし、最後にはその努力も空しく、牧場は和人の手に渡り、アイヌの暮らしは過酷を極めていく。

これは、言うまでもなく世界中で起きていることである。アメリカインディアンしかり、アボリジニしかりである。

物語の中で“熊の神”がこんなことを語っていた。
「今、和人は奢っているが、それが世の末まで続くわけではない。大地を刻んで利を漁る所業がこのまま栄え続けるわけではない。与えられる以上を貪ってはいけないのだ。いつか、ずっと遠い先にだが、和人がアイヌの知恵を求める時が来るだろう。神と人と大地の調和の意味を覚る日が来るだろう。それまでの間、アイヌは己の知恵を保たねばならない。- 中略 - 時の流れのはるか先の方に、アイヌと知恵ある和人が手を取り合って踊る姿がわしには見える。天から降ったものを争うことなく分ける様が見える。」

武力の弱い民族の文化を滅ぼし、存続を危うくしていくこと。つまり多様性を排除することは結局自分たちの首を絞めていくことに繋がっていくのではないか。

家の畑に来年も在来種の種を植えようと思う。
by katayama_t | 2014-09-07 12:24 | Life
<< 天使の国 木を切る人 >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile