Katayama Takatoshi Weblog
デザイナーズケトル再生プロジェクト『柳宗理 編』3
d0094333_15335544.jpg
前回取っ手を交換して、それがようやく馴染んできたと思ったら、今度は蓋のつまみ部分がどうにも気に入らなくなってきた。薪ストーブの上に置いていると工業製品臭さが際立って、どうにも我慢ならないので、お昼に飲んだワインの酔いにまかせて作り替えることにした。

近くの家具工房からウォールナットの端材をもらってきて、適当に穴を空けてカット。角をカッターで落として、ねじ込んで、最後に台所にあったオリーブオイルを塗って完成。

なんともおかしなバランスだが、これはもう元のヤカンの形があれだからしかたがない。

「ファッション」ではなく実用品として薪ストーブを使用しているような生活の中では工業製品の「形の弱さ」が浮いてしまうのだということを最近よく感じるようになった。

工業製品が悪いと言っているのではない。工業製品=量産品だとしたら、自分がそういう大多数から外れているというだけ。そこに良いも悪いもない。
d0094333_15345265.jpg
d0094333_1535921.jpg
d0094333_15353218.jpg
d0094333_15355116.jpg
d0094333_153689.jpg
d0094333_15372842.jpg
いかにも不格好だが、我が家の生活にはこのほうが合っている。
by katayama_t | 2014-12-20 15:37 | Life
<< デザイナーズカトラリー再生プロ... ストーブ運転開始 >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile