Katayama Takatoshi Weblog
帰国しました
しばらく更新が途絶えてました。
っていうかしょっちゅう途絶えてるが(笑)。
実は17日(土)に帰国したのだがその日は朝から体調が最悪で酷い下痢と嘔吐にみまわれ何か口にすればすぐに戻してしまうし、ようやく乗った飛行機の中でもたくさん戻して成田に着いたときにはもうへろへろだった。熱もあるしとりあえず検疫に行けと言われたので行ったのだが、検便どころか身体からもう一滴の水分も出ないようなカラダの中からっぽ状態だったので検査はできず空港内のクリニックへ直行。旅行保険がどうとかですったもんだの末ようやく診察。で、とりあえず脱水症状を改善しましょうということでミネラルとブドウ糖などの点滴を受けた。今日はここに泊まりかなと思っていたのだが、点滴を受けたら俄然元気が出て成田に駐めてあった車を自分で運転して帰った。点滴ってすごい。

そして、次の日は一日寝ていて少しずつ飲み物と食べ物を口にし、夜には2日ぶりにおしっこも出て順調に回復。月曜は大事をとって休み、今日火曜にようやく社会復帰できたってわけだ。

なぜこんなことになったのかというと、原因は明らかに疲れだ。帰国直前まで忙しくしていて、前日にはテジョンからソウルまで3時間も酷い振動のバスに揺られ(このバスはエンジンの振動を如何に効率的に客席に伝えるかというコンセプトで設計されているとしか思えない)、おまけに旧正月の大渋滞でバスターミナルの手前で道路が全く機能せず、結局途中で降ろされて荷物を持って寒い中長距離歩くハメになるし、翌朝はソウル市内から空港までまた1時間半も酷い振動のバスに揺られるし(仁川国際空港までまだ電車が走っていない)で体力の限界を超えてしまったのだ。

で、ようやく今日体力が回復したのだが悪いことは続くものである。今日韓国から電話があって、どうやら韓国から送った荷物が空港で戻されてしまったらしい。理由は不明。船ならOKだと言う。理由がわからないのでしぶしぶ船便で送るようにお願いしたのだが、その荷物の中には往復飛行機代の領収書があり(なぜそんな大事なものを荷物に入れたのかは聞かないでほしい…)、それが無いと出張の飛行機代が出ないことが後から判明。船便は1〜2ヶ月かかるだろうし、そうすると下手すると年度をまたがるので私が立て替えた飛行機代は永遠に出ないかもしれない。ディスカウントチケットじゃないから11万円もする。ついでにさっき思い出した、荷物の中にフィキサチーフ(絵の定着剤)のスプレー缶を入れたことを…。そんなもの飛行機に乗せられるわけ無いよな。そのスプレー缶が世界一高いフィキサチーフにならないことを祈ろう。
by katayama_t | 2007-02-20 23:52 | Life
<< 「はな」と「よねこ」 緑化事業 >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile