Katayama Takatoshi Weblog
行ったことは隠しておこうと思ったが…
今日は子ども会の催しでディズニーランドに行って、暗澹たる気持ちになって帰ってきた。去年は私が土日も仕事で留守にしていたので我が家は行かなかったのだが、今年は子ども同士の付き合いもあるので、あまり禁止ばかりしているのもどうかと思い、しかたなく行くことにしたのだが、もう2度と行かないだろう。

今日は、日本人はいつからこんなにバカになってしまったのかと心底心配になった一日だった。

我が家は子ども達にテレビやキャラクター物をいっさい禁止しているが、他の家では積極的に見せているとしか思えないくらい子ども達はテレビ中毒、ゲーム中毒になっている。行き帰りのバスの中ではノイズだらけのテレビをつけながらゲームをしていて、添加物が主成分のような駄菓子を食べているし、アトラクション(いやな名前だ)の順番待ちでも携帯ゲーム機に夢中になっているし、親はそれをとがめない。そして、帰りにはどの家もお土産だと言ってたんまりゴミを買って帰っている。

世の中、いろいろなものの偽装が問題になっているが、ディズニーランドのような嘘で固めた張りぼて文化をありがたがるような国民がいったい何を今更問題にしているのか、まったくわからない。皆積極的にうわべだけの偽物を受け入れているじゃないか。

次々に出てくる偽装問題では、モラルの低下とかなんとか言われているが、そもそもディズニーランドのような表面だけ本物らしく見せた偽物に何の抵抗も感じなくなってしまったどころか、それを積極的に受け入れているような日本人の美意識の低下が諸悪の根源なのではないのか?新興宗教にしても、「オーラがどうした」とかいう番組にしてもそれが本物かどうかというのはそこに「美」があるかどうかで簡単に見分けがつくはずだが、「美」とは何かが皆分からなくなってしまっているというのが今起きていることだ。

途中疲れたのでお茶を飲もうとレストランに入り、ケーキを注文しても、形だけケーキの形をした合成食品が出てくるし、ディズニーランドの敷地内はどこもお菓子に使う香料の甘ったるい香りが漂っていて気分が悪くなる。そこにあるもの全てが偽物なのだ。そして皆それを何とも思わなくなってしまっている。これは恐ろしいことだ。

住宅や牛肉や米やテレビ番組が偽物だというくらい当たり前じゃないか、まさか知らなかったわけじゃないだろう?何を今更驚いたふりをしているのだ?大丈夫か?そんなの当たり前なんだぞ!
by katayama_t | 2007-07-07 23:44 | Life
<< 雑誌記事お知らせ お金を買う >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile