Katayama Takatoshi Weblog
「お絵描き」のプレゼント
昨日は子どもの産みの親に会うために大阪まで行ってきた。小学生になった子どもが「産んでくれたお母さん」に会いたいと言うようになってきたので、3人の子どものそれぞれの産みの母親に間接的に連絡をとった結果、2番目の子の産みの母親から「喜んで会います」との返事が来たのだ。

家を出てから約5時間、ようやく着いた新大阪駅の改札で産みの母が待っていた。お互い初めてでどういう人なのか分からなかったが、すぐに向こうが見つけて声をかけてきてくれた。

子どもは嬉しいやら恥ずかしいやらでとても緊張していたが、皆で近くの動物園に行き、その後、大阪名物の「たこ焼き屋さん」で用意してきた「お絵描き」のプレゼントを渡す頃にはすっかり打ち解けて、たくさん話をし、もうすぐ帰るという時になってようやく手をつなぐことができた。

一夜明けた今日はどう過ごすのだろう?と思っていたが、昨日のことなどまったく口に出さず、まるで何事もなかったかのように元気に遊んでいる。

このところ毎日産みのお母さんのことを考えていたに違いない。ひと月程前、産みの母親に会えるとわかった時からぴたりと「だだこね」が無くなり、いつもいじめていた末っ子にもやさしく接するようになり、はっきりと自分の考えを言うようになった。
世界と自分が少し繋がったのだろう。

帰りの車内で末っ子の4歳の息子がこんなふうに言った。「あ〜あ、○○さん(産みの母親の名前)も早く連絡くれないかな〜」。
この子の言うことにはいつも驚かされる(笑)。
by katayama_t | 2007-09-23 16:08 | Life
<< 情報化社会とミャンマーのデモ 梅の酵母に自家製のパン >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile