Katayama Takatoshi Weblog
ワインとチーズと猪のテリーヌ
d0094333_2043776.jpg昨日は銀座で展覧会の打ち合わせをしてから、新橋にあるお気に入りの酒屋さん「信濃屋」に行ってボルドーの赤を2本と、ロックフォールとミモレットとパルミジャーノ・レジャーノの3種類のチーズ、それから猪と栗のテリーヌを買って帰った。
もうすぐ妻の誕生日なのだ。

家に帰ると先日搬入に行った「国際陶磁器コンペ」の2次審査結果の封書が届いていた。開いてみるとそこには
「厳正・慎重なる審査の結果、誠に残念ながら貴作品は不合格となりました。」
と書いてある。

う〜む。素材が陶というだけで、どうみても陶芸ではないな、と自分でも思ってはいたが「それがかえって新鮮かも…」という淡い期待はあった。
やはり陶芸(工芸)というのは技巧を凝らさなければならないものなのかもしれない。かといって彫刻展に出すと「これは陶芸だ」と言われるし、なかなか難しい。
美術の世界は、同じような仕事をしていても「工芸(鋳金、彫金、鍛金)」と「彫刻」「スペースデザイン」などがあったり、「油絵」と「水彩画」「テンペラ画」「日本画」「版画」などという区別があったりして互いに行き来できないようになっている。ややこしい世界だ。

作家としてはなるべくそういう範疇に収まらないようにしたいものだが、コンペに出すとなると、それ用の作品を作らなければならないのだろう。
でもそれはちょっと…。できない。
by katayama_t | 2008-05-31 20:42 | Life
<< 種シート設置 ムカデと蚊帳とセキュリティ >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile