Katayama Takatoshi Weblog
ジャケ買い
d0094333_0222953.jpg
iTunesに入っている音楽にジャケット画像を貼り付けたらとてもいい感じ。でもこうなってくると、色味や形のバランスを良くしたくなってくる。青系の色が多いので赤いのも欲しいなとか、もっと抽象的でかっこいい画像がほしいなとか、ほとんど聴かない音楽でもジャケットが良ければとりあえず入れておこうかという気になってきた。

ジャケットを見て選ぶということで思い出したが、昔まだCDが無く、レコード全盛の頃「ジャケ買い」というコトバがあった。
インターネットもなく、レコードの中身は買わなければわからなかったので、音楽を聴くのにもお金がかかったし、買って失敗だったなんてこともある。
だから自分の気に入っているバンドや作曲家の音楽は積極的に買うが、知らないものに手を伸ばすのには勇気がいる。友達同士で良い音楽を貸し借りして少しずつ範囲を広げるか、あるいは、音楽雑誌に載っている紹介記事を頼りにするくらいしか、違う音楽に出会う方法は無かった。

でも、そういう方法では絶対に出会えない良い音楽というものも世の中には確かに存在していて、そういう音楽に出会うためにジャケットのデザインを頼りに中身を予想して買う。あるいは単純にジャケットデザインが良いので買う、といった行為を「ジャケ買い」と言っていた。

地元沼津のレコード店では、多くの人が好むありきたりな音楽しか置いていないので(それももちろん良い音楽ではあるが)、レコードを買う時には、わざわざ新宿やお茶の水にある輸入盤を多く扱っているレコードショップに出かけていきレコードを買っていたが、それでも品揃えはたいしたことないし、値段も高いのでなかなかジャケ買いするような余裕はない。
ではどこでジャケ買いをするかというと、中古レコード店だ。中古レコード店には今まで見たこともないジャケットがごろごろしていた。なかでも昔「disk union」が開催していた「中古レコード市」というのは新しい音楽を求めている人達にとっては一大イベントだった。

年に2回ほど開かれていたこのイベントでは、後楽園のイベント会場を2フロア使い、レコードをぎっしりと並べて格安で中古レコードを放出する。棚ごとに値段を設定してあって、ジャンルはバラバラ。そこで3枚1000円くらいの棚に行き、見た目だけでレコードを選ぶのだ。「全然知らないけどジャケットから判断して明らかに良い」というものもあれば「これはカケだな」と思うものもある。帰りの電車の中ではジャケットをまじまじとみつめていろいろ想像しながら家に持って帰り、レコードに針を落とすまでワクワク感は消えない。今では音楽を聴くのにもコストが下がったし、ネットを使えばどんな音楽でも情報が手に入るが、その分音楽に対する聴く側の姿勢は軽くなった。以前のようにオーディオ装置の前に座ってじっと聴くなんてこともない。
便利だけど、少しつまらない。
by katayama_t | 2008-10-02 23:33 | Life
<< マッチのデザイン お城祭り >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile