Katayama Takatoshi Weblog
<   2007年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧
似たもの同士
車が2台ある家はたくさんあると思うが、たいていはちょっと大きな車と小さめの車の2台というパターンだろう。
しかし、我が家の場合は2台とも小さな車で、しかもその2台はフィアットパンダとスズキジムニーという、…なんて言うかよく似ている車だ。私はイタリア車が好きで、その中でも形が綺麗で安くて実用的で乗っていて楽しい車という条件を満たすパンダがお気に入り。妻は小型で4駆で形がしっかりしている車が好きで、いろいろ探したが結局ジムニーしか選択肢が無かった。彼女はもう3〜4台ジムニーを乗り継いでいる。この車に惚れているというよりは他に選択肢が無いのだ。形もこの型がぎりぎりセーフでこれ以降の型のジムニーは形が甘くて薄っぺらで我慢できないらしい。…うん。それはよく分かる。
d0094333_124698.jpg
このよく似た車の屋根の上にはこれまたよく似た形のキャリアが着いているが、これはスキー板やサーフボードを積むわけではなく、パンダの方は作品制作に使うベニヤ板や角材や鉄パイプなどを積むのに使い、ジムニーの方は専ら薪ストーブの燃料に使う廃材を運ぶのに使っている。で、引っ越しの時には2台とも段ボール箱を積むのに重宝した。

そんなわけで我が家には似たような車が2台並んでいるのだが、この2台はどちらも4人乗りだ。でも、我が家は子どもが3人いる5人家族。だから家族全員で出かけるときは2台を連ねて行くか、パンダ君に無理矢理5人乗って行くかのどちらかになる。
それではさすがに不便なので今まで何度も何度も買い換えようと思って車を探したのだが、形と値段と燃費が全て満足いくような車となると非常に選択肢は狭く結局買えずじまいだ。d0094333_1204957.jpgそれでも去年フィアットから出たグランデプントはかなりいい線いってると思う。デザインはパンダと同じイタリアの巨匠ジョルジェット・ジウジアーロ。ジウジアーロというと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場するタイムマシンに使われた車「デロリアン」のデザイナーと言えば分かる人も多いだろうが、初期のゴルフをはじめ、いすず117クーペ、ランチャ・デルタなど世界中の名車をデザインしているし、変わったところではイタリアの国鉄車両やセイコーの腕時計やニコンF3、F4、ニコノスなど幅広くデザインを手がけていて、まさに巨匠と呼ぶにふさわしいデザイナーだ。

実は去年グランデプントを買おうと思っていて、日本に輸入された時に真っ先にディーラーまで見に行ったのだが、これがいまいちだったのだ。写真で見ると非の打ち所が無いように見えるが、実際にドアを開けて乗り込んでみると細かいところまでかっこよく仕上げてあって、それがちょっといただけないのだ。かっこつけてるかっこ悪さというか、デザインされすぎているのか、逆にデザインが半端なのか分からないがちょっと軽い感じがしてしっくり来ない。もしかしたらフィアットの経営がかなりやばいので弱気になって消費者の悪趣味に迎合しているのかも知れないし、そもそもジウジアーロ自身がどこまで内装に関与しているのかも疑わしい。実におしい。かなりいい線行ってるのだが、芸術的ではないという感じだ。でも、張りのある綺麗な曲面を持つスタイリングはさすがジウジアーロというような品がある。急ぐ買い物ではないし、試乗してみたりしながらじっくり考えることにしようと思う。パンダ君ももう18万キロ走ってるし、次にエンジンがやられたら買い換え時だ。
by katayama_t | 2007-02-28 01:18 | Life
作品固定
年末から待ってもらってる作品の搬入で、大変なことが発覚した。
2点注文を受けた作品のうちの1点がすでに売れたのか無かったのだ。正直売れたことを覚えていない。売れた物はその都度チェックしているのだがどうしても漏れがある。記憶も私のは相当怪しいので当てにならず、ちゃんと記録していかなければいけないのだが、ずぼらな性格はそう簡単に変わらないのだ。

そういう私のずぼらな性格のせいで建築家に迷惑をかけてしまっているが、もう1点の作品は送る準備が整った。作品素材が陶だと何かと気を遣う。世の中には物の扱いを知らない人がいるので展示作品は屋内であってもそのままでは壊されることがある。だからいつも軽い作品はとりあえず持ち上げられないようにベースを作ってそこに設置するようにする。今回は3mm厚の銅版に接着剤で固定した。

まず銅版に下穴を開けタップでネジを切り、真鍮釘にダイスでネジを切り平らに潰してから銅版にネジ込む。そして作品の裏側の側面2点に接着。もしもこれを外す必要が生じたら、窯に入れて低温で接着剤を焼くと外れる、というすんぽうだ。
d0094333_0494395.jpg
これで少しは安心できるが、完全ではない。持ち上げようと思えば持ち上げられる。
そこで、さらにこのベースの銅板を設置場所に木ネジで止めてしまえば持ち上げることは出来なくなるし、壊そうという意志がなければ壊れることはないだろう。
by katayama_t | 2007-02-26 00:42 | Art
韓国報告会
d0094333_23405764.jpgグローバルなツールでローカルな案内をしますが、今度の日曜3月4日に韓国報告会をします。
場所は「工房」。「工房」と言われてもピンと来ない方はメール下さい。
誰でも参加自由です。
ただし、条件があります。それは各自器と箸とお猪口を持参すること、です。5時から準備して6時に開催。メニューはスライド上映と猪鍋と日本酒と…あとは未定。飛び入り歓迎。食べ物持ち込み大歓迎です。
by katayama_t | 2007-02-25 23:44 | Life
「はな」と「よねこ」
帰国してからというもの生活のリズムが変わりblogを書くという感じになかなかならないが、ペースダウンをしながらも細々と続けていこうと思う。

d0094333_1046891.jpg写真は「はな」と「よねこ」。我が家の2人の娘が母の指導の下作った人形。これにランドセルや机や椅子や部屋も作っていた。「リカちゃん人形」に「リカちゃんハウス」の日本伝統自作バージョンだ。日本伝統というよりはハワイアンみたいだが(笑)。

私たちの世代は高度成長期に子ども時代を過ごしたので「おもちゃ」は買って貰うものだったが、その昔、いろんな物がまだ貴重だった頃は物は再利用されていたし、おもちゃは作るものだったのかもしれない。端布も捨てずにとってあってはずだ。いいとかわるいとか言うつもりはまったく無いし教育がどうのと言う気もさらさら無いが、りっぱな製品を買って貰うより自分で作ったほうが面白いと思う。
by katayama_t | 2007-02-22 23:43 | Life
帰国しました
しばらく更新が途絶えてました。
っていうかしょっちゅう途絶えてるが(笑)。
実は17日(土)に帰国したのだがその日は朝から体調が最悪で酷い下痢と嘔吐にみまわれ何か口にすればすぐに戻してしまうし、ようやく乗った飛行機の中でもたくさん戻して成田に着いたときにはもうへろへろだった。熱もあるしとりあえず検疫に行けと言われたので行ったのだが、検便どころか身体からもう一滴の水分も出ないようなカラダの中からっぽ状態だったので検査はできず空港内のクリニックへ直行。旅行保険がどうとかですったもんだの末ようやく診察。で、とりあえず脱水症状を改善しましょうということでミネラルとブドウ糖などの点滴を受けた。今日はここに泊まりかなと思っていたのだが、点滴を受けたら俄然元気が出て成田に駐めてあった車を自分で運転して帰った。点滴ってすごい。

そして、次の日は一日寝ていて少しずつ飲み物と食べ物を口にし、夜には2日ぶりにおしっこも出て順調に回復。月曜は大事をとって休み、今日火曜にようやく社会復帰できたってわけだ。

なぜこんなことになったのかというと、原因は明らかに疲れだ。帰国直前まで忙しくしていて、前日にはテジョンからソウルまで3時間も酷い振動のバスに揺られ(このバスはエンジンの振動を如何に効率的に客席に伝えるかというコンセプトで設計されているとしか思えない)、おまけに旧正月の大渋滞でバスターミナルの手前で道路が全く機能せず、結局途中で降ろされて荷物を持って寒い中長距離歩くハメになるし、翌朝はソウル市内から空港までまた1時間半も酷い振動のバスに揺られるし(仁川国際空港までまだ電車が走っていない)で体力の限界を超えてしまったのだ。

で、ようやく今日体力が回復したのだが悪いことは続くものである。今日韓国から電話があって、どうやら韓国から送った荷物が空港で戻されてしまったらしい。理由は不明。船ならOKだと言う。理由がわからないのでしぶしぶ船便で送るようにお願いしたのだが、その荷物の中には往復飛行機代の領収書があり(なぜそんな大事なものを荷物に入れたのかは聞かないでほしい…)、それが無いと出張の飛行機代が出ないことが後から判明。船便は1〜2ヶ月かかるだろうし、そうすると下手すると年度をまたがるので私が立て替えた飛行機代は永遠に出ないかもしれない。ディスカウントチケットじゃないから11万円もする。ついでにさっき思い出した、荷物の中にフィキサチーフ(絵の定着剤)のスプレー缶を入れたことを…。そんなもの飛行機に乗せられるわけ無いよな。そのスプレー缶が世界一高いフィキサチーフにならないことを祈ろう。
by katayama_t | 2007-02-20 23:52 | Life
緑化事業
CNNを見ていてすごいニュースに出くわした。
これは誰かの創作なのではないかと思う程にわかには信じがたい話だ。
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200702140028.html

中国の田舎のある村で役所の指示によって山をまるごと緑色のペンキで塗っているらしい。ペンキを塗っている人も意味が分からず、村人たちにも意味が分からず、役所に問い合わせたら「上からの指示だから」というだけでやっぱりその意図は不明らしい(笑)。しかしこんなことってあるのか?

新華社によると、これはどうやら緑化事業ということのようだが中国市民の間でもその費用でなぜ植樹をするという発想が出ないのかという憤りの声が聞こえるらしい。…なんともコメントのしようがないが、中国国内でも批判的に報道されているようなので、まあ発展途上ということで理解しましょう。
d0094333_233506.jpg
http://www.guardian.co.uk/china/story/0,,2012697,00.html?gusrc=rss&feed=1
by katayama_t | 2007-02-15 07:09 | Social
今日の成果とスパゲティ
I had a party also today. The spaghetti of a delicious oyster was gotten in an Italian restaurant, and I drank delicious grappa (brandy of Italy) in professor's house afterwards.
d0094333_237568.jpg
d0094333_2372586.jpg外国人登録証の抹消は登録事務所に電話してたらい回しにされたあげく煩雑な書類を書いた後に、空港でカードを返却するだけで良いということが判明し、ため息混じりに決着をみた。

アパートの引き払いは難なくできたが、払い戻し金として渡された小切手の換金が銀行員が英語を話さない為にえらく手間取り小一時間もかかりながらもなんとか終了。日本円で12万8千円程度だが韓国ウォンだと100万ウォン。封筒に入れるのも困難な札束を渡される。今は1万ウォンが最高額紙幣だが2年後には10万ウォン札が誕生するらしい。うん、早くそうしてくれ。

報告書は昨日から寝てないので日本語バージョンはなんとかできた。あとは英語に直すだけだ。

で、明日は報告書を英語にして提出してから荷物をまとめて日本に送り、夕方にパーティー。なんだ、やればできるじゃん。という感じで今日はもうダウンだ。zzz.
by katayama_t | 2007-02-14 23:10 | Life
帰国の準備=2/13,19:48
あと4日で日本に帰れる。5ヶ月間もあったのだからいろんなことが余裕で出来そうなものだが、そういうわけにはいかない。物事は常にぎりぎりになるものなのだ。あと数日間でやらなければいけないことを列挙してみた。

こっちの大学に2つの報告書を提出しなければならないのだが、一つは80%完成。で、もう一つはナント全然着手していない。やばい。今日は一日中帰国のための各種手続きに費やされ、明日は夕方からパーティー、明後日は昼間荷物をまとめて日本に送り、やはり夕方からはパーティー。でその次の日の金曜日はソウルに一泊して土曜日に帰国だ。…ってことは今か明日の昼間しか時間がないってことだ。その間に報告書を2つまとめて、荷物を整理して日本に送り、アパートを引き払う手続きをして外国人登録の抹消手続きをして、こっちの銀行口座を抹消しなければならない。…無理だな。優先順位を決めよう。

1番. 外国人登録の抹消=これをしないとあとあと面倒なことになりそうな予感がする。

2番. アパートを引き払う手続き=これをしないと多額の保証金が帰ってこないばかりか、次の月の家賃まで請求されるような予感が強くする。

3番. 日本に荷物を送る=これも必須だが、時間がなければ誰かに無理矢理依頼することも可能なような気がする。荷物をアパートから郵便局まで車で運ぶことを買って出てくれた奇特な友人がいるので彼が来てから荷物をまとめてアパートの掃除をすれば良い。1人より2人だ。

4番. 報告書の提出=今は便利な世の中になった。もし間に合わなければ後からメールで送ればよいような気がする。

5番. 銀行口座の抹消=これは無理だな。アパートの保証金の入金がなければ口座を閉じるわけにはいかない。誰かに頼むか、次に韓国に来た時に手続きをするしかない。

というわけで、優先順位の上位は昼間しかできないことだから、やっぱり今は4番の報告書作りか…。こんなことをするまでもなく、そうだろうなぁ、とは薄々思ってはいたがやっぱりそうか。コンピュータが嫌いな私としては気が重いけどやるしかないか…。
by katayama_t | 2007-02-13 19:58 | Life
動画をまたアップ
今日は晴れたのであらためて作品のビデオを撮った。
強烈に美しい…。感動的だ。こういうのを自画自賛というのかもしれないけど、でも、ちょっと違う。美しいのは自然が美しいのだ。私は形のバランスと重さのバランスを取っただけで、あとは風まかせ。風を可視化しただけで自分で動きを作ったわけじゃない。海を見て美しいと感じるようなものだ。

自然を可視化するための装置が私の作品なのだな、きっと。
もしもあれが動かない作品だったら古くさくて退屈でつまらないゴミだと思う。まあ、もし動かない物を作るのならそういう前提で形を考えるからこの仮定は成り立たないけど。

またYouTubeにアップしてしまいました。
晴れの日バージョン
by katayama_t | 2007-02-11 18:46 | Art
ボルトの緩み止め
今さらだが、心配になってきた。彫刻を設置したのは良いが本体を締め付けているボルトが緩みはしないかという心配だ。基本的に緩むような箇所ではないとは思うが、外に設置してあるので何が起きるかわからない。

そもそもなぜボルトは緩むのかというと、その原因の多くは振動だ。ボルトナットには必ずわずかな隙間(あそび)がある。隙間があるから回せるわけでこれがないと摩擦抵抗でびくともしないはずだ。で、ボルトナットを締め付けるというのは何をしているのかと言うとボルトのねじ山の上側とナットのねじ山の下側を擦り合わせて摩擦を大きくしているというわけだが、これに高速振動が加わると締め付けたはずのボルトナットに瞬間的にわずかな隙間が出来る。どんなに締め付けてもこれは起きる。振動というのは侮れない。で、波の原理で回転力が加わり緩んでくるというわけだ。

これを防ぐ方法には大きく分けて2通りあり、1つは摩擦抵抗を上げる方法、もう1つは物理的に動かなくする方法だ。前者の方法はスプリングワッシャや、ダブルナットを使う方法で、比較的容易にできる。で後者の方法は締め付け後にネジを軽くつぶしたり、ペンキや接着剤を塗ったり、止めネジを通したり、割ピンを通したりというような方法があり、こうすると原理的にはまず緩むことはない。…原理的には、だ。
d0094333_1513621.jpg
…私が乗っている車(イタリア車)は割ピンが錆び落ちて操舵のためのテンションロッドが走行中に抜けたことがあるが、これは「どうして錆びるような箇所にステンレスを使わないのか? 」という、日本人には理解し難いようなイタリア人のなせる技だ。まあ、こんなことは普通はない。大丈夫だ。

余談だが、ちなみに車やバイクなどに使われているボルトには使用箇所によって締め付けトルクが決まっていて、それを守らないと走っている途中で緩んだりあるいは締め付けすぎてボルトを破損してしまったりすることがある。だから自動車整備にはトルクレンチが必要になるが、そういう特殊工具が無い場合はボルトの太さや材質によって使うレンチ(スパナ)を選ばないとえらいことになる。私は以前小さなボルトに大きなモンキスパナを使ってボルトを折ってしまった経験が2回ある…。ボルトがすでに締まっていても、てこの原理でかる〜く回ってしまうのだ。

まあ、それはさておき、話は彫刻の固定だ。こういう知識と経験を基に私はどういう方法で固定しようと考えたかというと、スプリングワッシャを使って更にその後ボルトとナットを軽く溶接するという方法を選んだ。これは完璧だ。
どう完璧かというと溶接の長所は絶対動かないことだが、短所は溶接するときにその熱で金属が縮んでしまうことだ。ナットの上側とボルトを溶接すると熱で縮むぶん原理的にはナットの下側に隙間ができるはずで、これはまずい。いや、まずくはないが…目に見えないほどの隙間だし、強度的にはまったく問題ないだろうがやっぱり気持ち悪い。美しくない。そこで、この解決策としてその目に見えない隙間をスプリングワッシャで補おうというわけだ。おお! なんて美しい解決方法なのだ! と自分のアイデアに酔っていたのだが、ここで致命的なミスをしてしまった。

忘れたのだ。…溶接するのを。当日雨が降っていたし、皆てきぱき仕事していてあっという間に作品も車に載せられてたし…。作品の裏側だから当日人手があるときにひっくり返してもらって溶接するつもりでいたのだがすっかり忘れていた。

振動するような箇所じゃないし、スプリングワッシャは使ったし普通は緩まないが、摩擦で止まっているだけなんだと考えるとなんとも頼りない感じがして昨日から落ち着かない。でも敵は9mの高さにあって悠然と舞っており、そう簡単に近づけない。
ふう…、明日相談してみよう。
クレーン車が構内で作業するような日があったらついでにこっちに寄っていってもらえないか、と。軽くペンキを塗るだけだからすぐに終わるからって言おう。
by katayama_t | 2007-02-11 15:18 | Art


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile