Katayama Takatoshi Weblog
<   2007年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧
割り型で作るテラコッタ4
型の合わせ目をノミで削って整えた後、水を掛けながら型を外していく。
外型を外し、続いて内型を外すと中の頭像が見えてくる。
傷ついた感じが発掘された古代彫刻みたいでちょっとかっこいいかも。

型を洗い軽く水を切ったら歪まないように全ての型を合わせて針金で締めておく。
粘土の用意が出来ていないのでしばらくこのまま乾きすぎないようにして保管する。
粘土やさんに粘土の注文をする。
d0094333_16463824.jpg

by katayama_t | 2007-07-31 18:45 | Art
選挙ポスターは公害だと思う
独りよがりで場の空気が読めない人というのは、やることなすことがことごとく裏目に出る。
参院選であれだけ負けたのにも関わらず安部首相が続投を表明しているが、誰か「それはまずいぞ」と教えてくれる人は周囲にいないのだろうか?この期に及んで「改革を続行し、美しい国づくりを…」なんて言っていたらますます反感を買い衆議院選でも惨敗ということになりかねないじゃないか、なんて自民党に投票したこともない私が言うのも変だが(笑)、でも誰の目にも明らかなことが首相1人だけに見えていなくて、周囲がそれを止めることもできないというのは日本国としてちょっとまずいんじゃないかと思う。

政治家の仕事が国内だけならまだいいが、こういう首相が国際舞台に出ると致命的なミスをおかすのではないかと心配になる。すでにアメリカの従軍慰安婦決議の問題では「広義での強制はあったが、狭義での強制はなかった」などという日本の国会の場でしか通用しないような屁理屈を言って反感を買い、アメリカのメディアから厳しく批判されると一転して謝罪するなどという最悪の対応をしていたし、それが波及して6カ国協議にも影響するだろうことも、また、アメリカの対日貿易赤字問題が蒸し返されることも十分あり得る。

確かにアメリカの慰安婦決議というのは偏見や事実誤認があるのだろうが、そういうことがあったと信じ込んでいる人の考えを変えさせるのは容易ではない。誤解されているのを承知で謝罪するか、あるいはどうしても誤解を解きたいのであれば反感を買わないように例えば「各国の歴史学者に協力を願って国際調査委員会を設置し、日本の戦争犯罪について徹底的に調べたい」と申し出るなどということがどうしてできないのか?

場の空気が読めず、自分を客観視することもできないような人物を国のトップに据えておくなんていう危なっかしいことは一刻も早くやめてほしい。
by katayama_t | 2007-07-31 01:08 | Social
割り型で作るテラコッタ3
先週の続き…。
作業がしやすいように毛布の上に横置きにして、左右真っ二つになるように粘土で「受け」を作る。離型剤のカリ石鹸を塗り、針金を入れたところが埋まらないように粘土を盛ってから石膏をかける。続いてスタッフをはり、最後に補強を入れる。
固まったら、ひっくりかえして反対側も同様にする。
d0094333_1204150.jpg

なかなか空き時間が作れず今日はここまで。
by katayama_t | 2007-07-30 21:20 | Art
ドジョウを捕りに
午前中近くの川へ家族でドジョウを捕りに行った。
d0094333_15481518.jpg
川底が岩なので足場は良く、浅いところを選んで歩けば子どもでも危なくない。川の中を覗くとなにやら小さな魚と大きめの魚(オイカワらしい)がたくさんいて、今夜のおかずにどうかと思いターゲットをどじょうから魚にうつしたのだが、泳ぎが速くて全然捕れない。
ドジョウは思いの外たくさん捕れたので、水槽に小さめのドジョウ7匹と種類不明の魚を一匹入れて残りは柳川鍋にして夕飯に食べた。全部小さいのでまだ子どもなのかとも思ったのだが、卵を持っているのもいるのでこの川ではあまり大きくならないのかもしれない。
d0094333_1550562.jpg
ドジョウの柳川鍋というものを初めて食べたが、なかなか美味い食べ物だ。夏の行事として年に一回ドジョウを食べることにしようと思う。
by katayama_t | 2007-07-28 23:47 | Life
割り型で作るテラコッタ2
相変わらず忙しく遅々として進まず…。
d0094333_072618.jpg

針金をフック状にして埋め込んで、型を外側から紐で固定できるようにしておく。そこが石膏で埋まらないように粘土で保護する。
割り型に石膏をかけ終わったら、抜け型になるよう型を削る。
d0094333_074253.jpg

来週この上に外型をかぶせる。
by katayama_t | 2007-07-27 23:50 | Art
割り型で作るテラコッタ1
d0094333_21205943.jpg

忙しくてしばらく放置していた頭像を取り出して、眺める。
モデルもいないし完成ということにして型取りする。

石膏にするのではつまらないからテラコッタにしようと思う。
上下に真っ二つに型合わせの線が入るのはどうも気に入らないので、今までやったことのない方法でやってみる。
とりあえず切り金を入れて割り型にする。
d0094333_21241137.jpg

石膏をかける。
深く考えずにやり始めたために、ここまでやった時点でちょっとした不具合に気づくが手遅れだからそのまま続行…。
d0094333_21244755.jpg

先のことは後で考えればよい。明日続きをやろう。
by katayama_t | 2007-07-26 21:27 | Art
雨の日は水槽を買いに
今日は小雨が降る中、地域の草刈り。総勢30名くらいの人たちで道路脇を中心に草を刈る。広い面積もおおぜいで刈るとあっという間だ。午後は子ども達が川で捕ってきたドジョウを入れるための水槽を買いに山を下りた。

小学校2年生の長女が生きものが好きでいろいろ捕ってくるので我が家にはいろんな生きものがいる。昨年飼っていたカブトムシが産んだ卵から孵った幼虫が数匹、今年飛んできたカブトムシが1匹、もらったカブトムシが数匹、ザリガニが数匹、カニが1匹、川蜷が1匹、シジミが3匹、オタマジャクシが2匹、そしてドジョウが1匹だ。過去にはダンゴムシや、ハサミムシや、カマキリなどもいたが、虫籠だらけになってしまうのでそれは逃がすことにした。あと、これから川海老とドジョウをまた捕りに行くようだ。

虫や動物を飼うのは楽しい。私は子どもの頃は家が狭かったので自由に飼うことが出来なかったが大学生の頃には6畳の部屋に4つ水槽を置き、不忍池から捕ってきたクチボソや、鮒や、メダカや、カダヤシや、手長海老などを飼っていた。私の流儀はできるだけ手を加えずに、水槽の中にタニシやミジンコを繁殖させて、餌をあげなくても生命が循環し、水も濁らないし水草が酸素も供給するので空気ポンプなども不要というやり方だったので、水槽の中にたくさんの魚を入れることが出来ない。1匹多くしただけで循環のバランスが崩れて水が濁ったり餌や酸素が足りなくなったりするのだ。

毎週日曜になると網を持って近所の小学生と一緒に不忍池で漁をしていたが、ある日体長4mmほどの何かの稚魚がかかった。今まで見たこともない形をしているので「これは何になるのか?」と思い、一番魚密度の低い水槽に入れて毎日観察した。その稚魚は体長が4mmほどしか無いのになかなか堂々とした泳ぎっぷりで風格がある。
「これはいったい何なんだ?」と思ってよ〜く見ると口元に何かある。
「!」「髭だ!」
なんと髭があるではないか!
これは鯉だ!と思って、それからは一番大事に扱うようになった。なんてたって鯉だ。鯉は立派な魚だ。堂々としていて、生物としては自分よりも立派かもしれない。丁重にもてなさなくてはならない。

今日ドジョウの水槽を買いにいって、何の迷いもなく売っている中で一番大きな水槽を買った。ドジョウ1匹のためにどうしてそんなに大きな水槽を買ったのだろうと後で考えると「そうか、ドジョウに髭が生えているからだ。」と思い当たった。やはり髭が生えている魚は格が違う気がする。
d0094333_134819.jpg
by katayama_t | 2007-07-23 01:05 | Life
日本に貧乏人はいるか
大学では空前の就職バブルだ。企業の景気がよくなったことに加え、団塊世代の一斉定年退職を目前にして軒並み採用枠を増やしている。バブル景気の頃よりもさらに就職が良くなっているというからそうとうなものだ。

その一方で、生活苦から無理心中を図る人たちが目立って増えてきている。安定した職に就けずに金銭的にも精神的にも追い詰められた末のことだろうし、日本政府の愚策の犠牲者だということもできるが、私はあえて言いたい。

「何でそんなに弱っちいんだ!?」「金が無いくらい何だ!!」

以前、イランからと中国からの留学生と3人でそれぞれの国について話していた時に、イランも中国も貧富の差が激しいという話が出た。
その話を聞いて私は、
「貧乏な人って言うのはどのくらいの貧乏なの? 日本の貧乏な人のような感じ?」
と聞いたら、2人は目を見合わせてプッとふきだしてから否定した。
そして、笑いながら「日本には貧乏な人はいません」と言う。
「でも、ホームレスとかいるよ。」と私が言うと、肩をすくめて貧乏なうちに入らないという。聞けば、それぞれの国では物乞いをするのは当然として、中にはより多く同情を買うためにわざと障がい者になったりするものもいるという(その内容はグロいから書かないけど)。

とりあえず生きるためには何でもするようだ。

生きるというのは本来そういうものだろうと思う。金がないからみんなで死にましょうなんていうような軽々しいものではなく、「生」ってのはもっととてつもない何かだ。
だいたい何様のつもりだ、つまらぬことは考えずに死ぬまで生きればいいのだ。
by katayama_t | 2007-07-21 23:52 | Social
日常は何事もなく過ぎて
ロイター通信社のニュースをエキサイトが日本語に訳して「世界びっくりニュース」としてネット配信しているのを、たまに気になる見出しがあると見ているのだが、これが結構面白い。

今日の記事はドイツの男性がコンピュータ操作にいらついて、パソコンを窓から投げ捨てたというニュース。隣人が警察に通報したようだが、事情を聞いた警察は男を無罪にして、「誰だって同じような経験をしたことがあるでしょう?」とのコメントを発表した。

無いよ(笑)。

少し前のニュースでは「ロシアの旅客機、酔客の喧嘩で空港へUターン」という見出し。読んでみるとロシアからトルコに向かう旅客機内で、酔った客が乗客の女性をめぐって喧嘩を始め、手がつけられなくなったから引き返した、とのこと。
う〜ん…。これすごくわかる。実は私はロシアとトルコを結ぶ旅客機に乗り合わせたことがあるのだが、その時にすごいカルチャーショックを受けた。ロシア人はイスタンブールに中国製の生活用品を大量に買い付けに行くのだが、行きは宴会状態、帰りはそれに加えて通路は無理矢理積み込んだ大きな荷物でふさがれていて身動きがとれない。貨物飛行機に人が便乗しているような状態だ。ロシア人は座席番号など関係なく後ろの方を陣取ってフライト前から宴会を始めている。タバコは吸い放題だし、シートベルトなんてしないし、もうこれは飛行機というよりもバスだ。

こんなことが許されるのか?と思ったのだが、乗務員は平然とサービスをしている。
到着したモスクワ空港も滑走路に草が生えているし、床に寝てる人はいるし、カウンターには人がいないし、笑ってしまうくらいひどかった。ロシアで普通のことを取材すればなんでも「びっくりニュース」になるんじゃないかな。

今日は学生が留学したいというので(私だって留学したいよ…)、午前中かけて推薦状を書き、昼休みにはメールで来ていた大学側からのアンケートに答え、午後は夕方までみっちり授業、6時半頃ようやく終わったと思ったらまた別の学生が研究の相談に訪れて、7時半までいろいろと話をした。その後メールをチェックするとまためんどくさい仕事が舞い込んでいたが、今日は疲れたので帰る。こうして毎日が何事もなく過ぎていく。
今度の地震で柏崎の原発が止まって、首都圏ではこの夏電力不足が深刻になるようだが、医療機関は別にして、いっそ大規模な停電にでもなれば雑多な仕事が減って助かるかもしれない。電気なんてあればあるだけ使うのだから、少し足りないくらいがありがたみがあっていいんじゃないの?
d0094333_23425959.jpg
by katayama_t | 2007-07-18 23:39 | Life
地震が…
今ネットニュースで今朝新潟で地震があったことを知った。
電話してみたら、中越地震の時と同じくらい揺れたそうだ。建物はびくともしないようだが物はたくさん壊れただろう…。
by katayama_t | 2007-07-16 14:43 | Life


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile