Katayama Takatoshi Weblog
<   2008年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
週末は仕事、平日は休息
d0094333_2245288.jpg
無事に型取りを終えた。いつも思うが石膏の雌型は美しい。こういう美しさを作品で表現できないものかと思う。
明日からまた仕事だ。夜にしか制作時間がとれないので昼間は身体を休ませることができる。

先日ネットで見たニュースが気になりもう一度見る。
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1227678633149.html
表参道で12月1日から歩道にキャンドルを並べるイベントがあるらしい。
その名も「eco Avenue MOVEMENT」
……ダサ。よく恥ずかしくないな。
「表参道から明治神宮へと続く一本の“灯りのみち”として表現し、先人たちの自然を愛しむ想いを、昔から今、今から未来へ、世代を超えて受け継いでいこうという想いが込められています」
なのだそうだ。

どうも気に入らないが、なぜ気に入らないのか気になっていた。
一言で言うと「デザインくさくて好きになれない」のだ。

まあ、いいんだけど。
でも
「使用するキャンドルは、石油資源ではなく植物生まれのパームヤシを原料とした地球にやさしいキャンドルです」
というのは勘弁してほしい…。

マレーシアやインドネシアでは金になるパーム椰子を栽培するために水田が椰子畑になったり、熱帯林が広範囲に伐採されてプランテーションになったり、あげくすみかを失った象が民家の近くにまで来て農作物を荒らすため殺されたり、という問題を知らないわけではなかろう。
パーム椰子の油は熱帯林や野生動物の命、それから多くの石油燃料と引き替えで輸入されているのだ。

「キャンドル」とか「クリスマス」とか「エコ」とかいうコトバをちりばめて「良いこと」をやっているように見せかけるのは、エコで売っているトヨタ自動車が減益とはいえ6000億円の利益を出しながら、来年3月までに6000人の期間従業員をクビにするというのと同じくらいかなりダサイと思う。

これは微妙に関係ないか(笑)。
by katayama_t | 2008-11-30 23:00 | Art
壁掛け作品をつくる
何も考えずに作っていたら似たような作品ばかりになってきたので、今日は全体のバランスをみて少し大きめで直線的な作品にとりかかった。

黒板にチョークで作品の形を描き、描いては5mほど離れて見て、修正し、また離れて、と延々と繰り返しながら少しずつ形を決めていく。形が決まったらその上に紙を張り、マジックでトレース。トレースしたものを定規で測り、図面に起こしてシナベニヤ板を切り、ボンドで組み立てる。板の段差をサンダーで落としてから、離形剤にリンレイの床用ワックスを塗る。

リンレイの床用ワックスは20年ほど前には飴色をしたドロドロの液体だったのだが、十数年前に白いサラサラの液体に変わってしまった。昔のドロドロなら一回塗れば離形処理が済んだのだが今のサラサラは3回くらい重ね塗りしないと不安なので今日2回塗ってあとは明日。

抜け型になっていないので型取りが手間だなこれ。
いつもは抜け型になっていなくても構わず全体に石膏をかけて、原形を外すときは石膏型を割って外すという荒技を使うのだが(笑)、粘土を込めてから急いで乾燥させる必要があるので型がパーツに分かれていた方が都合がよい。明日中に型ができれば良しとしよう。
d0094333_2347936.jpg

by katayama_t | 2008-11-29 23:48 | Art
日曜彫刻家
昨日型込めした3点の粘土のうち2点を仕上げた。まったく計画性のない行き当たりばったりの作り方なので、作るよりも考えている時間の方が断然長い。平均すると1日1作品も作れていないが、この土日で挽回しようと思う。今日はもう帰る。
d0094333_23391743.jpg

by katayama_t | 2008-11-28 23:40 | Art
モーリスルイス展
今日は川村記念美術館にモーリスルイス展を観に3人の学生を連れて行ってきた。受け持っている授業の一環で、常設展示を観ながら美術史やデザイン史の解説をして2階の企画展示まで比較的ゆっくり観ていったのだが、企画展のモーリスルイスの展示会場に入ったら作品のあまりの迫力に圧倒されてしまった。もう解説どころではない。

モーリスルイスなんてはっきり言って「絵の具を薄く溶いて画面に流しただけの人でしょ?」と思っていたがとんでもない誤解だった。絵の具の色合いのなんと美しいこと!! 自然と涙が出てきた。久しぶりに絵を観て感動した。

ほんとうにすばらしい。時間があれば一日中でも観ていたい絵画だ。
d0094333_22343183.jpg

by katayama_t | 2008-11-27 22:19 | Art
ムトウハップ製造停止
今日はまったく制作時間が取れず、早くも眠くなってきたが、今ネットニュースをチェックしたらムトウハップが製造停止になっていた。

--------------------
ムトウハップ製造停止(11/27 08:34 北海道新聞)

 八十年の歴史を持つ武藤鉦製薬(名古屋市中区)の薬用入浴剤「六一〇(ムトウ)ハップ」が製造を停止したことが分かった。今年相次いだ硫化水素自殺の影響で売り上げが落ち込んだのが原因で、同社は「想定外のことで、昔からの商品を断念せざるを得ず、悔しい」としている。
 ムトウハップは硫黄などを含み、硫化水素を発生させる材料の一つとして使われた。日本チェーンドラッグストア協会が今年五月、自殺対策として硫黄成分の入った製品の販売自粛を加盟店へ要請する事態に。ムトウハップも出荷量が昨年の三分の一以下に減り、返品も相次いだ。
 自粛要請は七月に解除されたものの、「危険物」とのイメージが広がってしまい、同社は回復が見込めないと判断。十月末に愛知県清須市の同社工場での製造を停止した。
--------------------
d0094333_21545188.jpg
d0094333_2202596.jpg
ムトウハップというのは知る人ぞ知る入浴剤で、疲労回復やアトピー、リュウマチ、しっしん、あかぎれ、冷え性などに温泉と同じような効果があり、長年愛用している人もいるらしいが、実は造形関係者の間では他の用途で使用されている。

銀や銅、真鍮などをこの液に浸けると成分に含まれている硫黄によって黒く染まるのだ。いぶし銀の表現などには手軽でかかせない薬剤である。

ところがこれとある種の洗浄剤を混ぜると「硫化水素」が発生するため「危険な薬品」として販売を自粛する薬局が相次ぎ、とうとう製造停止になってしまったらしい。製造元としては長年多くの人に愛されて来た製品が何の落ち度も無いのに製造停止に追い込まれて本当に悔しいことだろう。

いつか一度は入浴剤としても使ってみたいと思っていたが、なんとも残念。手持ちのムトウハップは残り少ないので金属の加工に大事に使おうと思う。
by katayama_t | 2008-11-27 22:02 | Life
粘土を込める
d0094333_2240447.jpg
今日は型込め。立体パズルを完成させてから粘土を込める。まとまった制作時間がとれず朝1時間、夜2時間の合計3時間のみの作業。睡眠時間を確保するため今日はここまで。
by katayama_t | 2008-11-26 22:41 | Art
立体パズル
d0094333_22264824.jpg
このところ木の型取りばかりで作品が全部カチッとした硬い形になっているので、なんとなく身体も硬くなってきた。身体が固まると気持ちも固まるので、今日は朝からクライバー指揮のベートーベンを聞いて身体をほぐし、粘土で形を作った。

仕事が終わってから夜に粘土原形を石膏で型取り。意図的にヒビを入れたかったので石膏型を金づちで叩いて割ったのだが、バラバラになりすぎてしまって修復不可能な状態に…。明日はこれをつなぎ合わせて粘土を込める。作品になればいいのだが…。
by katayama_t | 2008-11-25 22:26 | Art
制作中
d0094333_21542034.jpg
とりあえずその辺にある板きれとか、木のブロックとか色々なモノを型どりして粘土を込める。今週中に作品がいくつできるかが勝負だ。クオリティを維持するためにはそれなりに時間がかかり、1日2作品は到底無理。短期間に数をこなすと過去の自作のコピーになりそうで嫌気がさす。

とにかく良い作品を作りたいが、それが難しい。
by katayama_t | 2008-11-24 21:56 | Art
U字溝設置
d0094333_9414817.jpg
時間が無くて長らく放置していたU字溝を入れた。
入れてみたら2本分足りない。計算ミスだ。こういうことはよくある。

買いに行こうかと迷ったが、遅くなってしまうので次の機会にした。次は個展後になるから12月下旬の予定。
by katayama_t | 2008-11-23 22:41 | Construction
渋皮煮
d0094333_12305883.jpg
庭の栗の木は細くて貧弱だけれど、毎年大きな実をたくさんつける。
渋皮煮にして保存してるけど、大事にとっておくと風味も落ちるし硬くなってしまうので美味しいうちに食べましょう。
by katayama_t | 2008-11-22 12:31 | Life


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile