Katayama Takatoshi Weblog
<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
火が好き♪
d0094333_20291065.jpg
「薪ストーブを使っている」と都会人に話すと、「薪はどうするのか」とか「木を切ると木が無くなってしまうではないか」とか、暗に「CO2も出るし環境破壊だ」ということを言われることが多い。

実際には遠い異国から運ばれてくる石油や、送電ロスが多く発電方法にもいろいろと問題がある電気のほうが、ずっと環境に良くないことは、少し想像力を働かせればわかることだが、どうも最近「火」を燃やすことが、まるで悪いことであるかのような風潮がある。

「環境に良くない」と言った時の「環境」というのは「人」の外側、つまり人間以外の自然環境のことを指すことが多いが、でも、そんなのおかしい。人間だって「自然」なのだ。自分にとって心地良くなければそれは良い環境とは言えないではないか。

暖をとるというのは、単に気温を上げれば良いというものではない。気持ちも暖かくならなければちっとも嬉しくない。そう。そういう「嬉しい」とか「楽しい」という喜びこそが人間=自然にとって最も大切なことだし、言い換えれば「人間=自然」環境にとって良いことではないか。そういう意味では火を焚いて過ごすことは何物にも代え難い魅力がある。

なんてことを考えていたら、薪ストーブが環境に良いというニュースがあった。

薪ストーブ、削減効果ハイブリッド5台分 東北大試算
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/07/20090730t13019.htm

記事が長いので要約するとこういうことだ。
東北大大学院環境科学研究科の新妻弘明教授の研究室が試算したところによると、熱効率の高い薪ストーブを灯油ストーブと比較すると年間3トンのCO2が削減できて、それはソーラーパネル60平方メートル分に相当するらしい。60平方メートルというと我が家の屋根を全面ソーラーパネルにするのと同程度か? 全面なんてありえないけど…。

ちなみに年間1万キロ走行すると想定した場合のハイブリッド車と比較するとハイブリッド車5台分の削減効果だそうだ。…この比較はあまり意味があると思えないけど、「ニュースの見出し」としてキャッチーではあるな。

薪ストーブに使う薪は広葉樹林を計画的に伐採すれば、切り株からまた新芽が出てきて樹木になるので、持続的に燃料を確保できる。これをカーボンニュートラルという。
ということで、まずは、うちの裏山の杉を燃やして順次広葉樹林にして行こうと思う。


最後にこの言葉を

「焚き火とは祈りである」 ヘルマン・ヘッセ

そうだよなあ…。深く頷く。
by katayama_t | 2009-07-31 20:30 | Life
進行中
梅雨が上がらずぐずぐずした天気が続いているが、家造りは着々と進行。

大工さん達は屋根の野地板を張り、私は2階の根太のビス止めと鉋がけ。足場板が無いのでけっこう疲れる。
一日フルで働くと全身筋肉痛。
d0094333_2275573.jpg
d0094333_2281410.jpg
d0094333_2283392.jpg
d0094333_229977.jpg
d0094333_2295090.jpg
大工さん達は私が大工道具を一通り扱えると見るや、興味を持って熱心にいろいろ教えてくれる。削った鉋くずを見て、「たいしたものだ」と言われると半分はお世辞だとしても素直にうれしい。

休憩時間に大工さん達と話す鑿(ノミ)や鉋(カンナ)、砥石の話などはどの本にも載っていない話ばかりでとても面白く、もっといろいろ教わりたくなる。そういう私の反応を見て気をよくしたのか、私が「今までに良い砥石を使ったことがない」と言うと、ある大工さんが天然砥石を一つくれた。「梨地」という合わせ砥(仕上げ砥)だ。
すごく嬉しい。いっそこのまま大工の道に進んでしまおうか。
by katayama_t | 2009-07-27 22:38 | Construction
eclisse solare
d0094333_2012126.jpg

ともだちから日食の写真が送られてきた。
千葉でも曇り空を突いて一瞬太陽が顔を出したらしい。
すごくきれい。

私はその時間そとに出られず見られなかった。残念…。
日食の日は朝から自分が雲隠れしないとダメだな。
by katayama_t | 2009-07-23 20:13 | Life
煙突屋根出し部材の制作
新居では、いままでの2~3000円のやつじゃなくて本格的な薪ストーブを使いたいと思い、ストーブや煙突をいろいろと調べていたのだが、まともに購入したらものすごく高くつくことが判明した。へたをすると100万円くらいかかる。アメリカやヨーロッパからの個人輸入も考えたが、「これだ!」というデザインにも出会えなかったので自分で作ろうと決意。

ストーブ本体が必要になるのはまだまだ先だが、煙突の屋根出し部材は来週早々に屋根を張る時点で必要になるので、ステンレスで作ってみた。

3D-CADが無いのでイラストレータで展開図を起こし、プリンタで出力、ステンレス板を切り抜いて溶接。
d0094333_22382828.jpg
d0094333_22384375.jpg
d0094333_22385413.jpg
d0094333_22394238.jpg
雨が漏れるようではまずいので念入りに溶接していたら、どんどん板が反ってきて、完成したときには使い物にならないくらい反っていた(笑)。しばらく板モノの溶接をしていなかったので、勘が鈍っていたようだ。冷静になって考えると、普通にTIG溶接したらこのくらい反るのは当たり前なのだった。
d0094333_22395257.jpg
これでは話にならないので、あっさりと「負け」を認め、しかたなくメーカー品を購入。値段はなんと63000円!(高!!)。レーザ溶接なので熱による変形が極端に少なく綺麗に仕上がっている。これはまねできない。
あぁ…レーザ溶接機が欲しい…。レーザ溶接機があれば、作れる物の幅は広がる。でも普通に1500万円くらいする。1500万円あればもう1件豪邸が造れる。買えるわけない。d0094333_22402350.jpg
届いた品物を見ると板厚0.4mm、円筒部分はレーザ溶接で、立ち上がりの根元部分は、プレス加工で折り曲げて雨仕舞いした上に円筒を被せてスポット溶接の点付けになっていた。なるほど、うまく処理している。が、いずれにしても機械生産じゃないと無理だ。
by katayama_t | 2009-07-22 22:53 | Construction
棟上げ
17日(金)と18日(土)の2日間で棟上げが終わった。
釘やボルトなどの「金物(かなもの)」を一切使わずに立体パズルのように組み上げていく様は見ていて飽きない。
組み上げてみると分不相応に大きな家でちょっと恥ずかしい。これではまるで豪邸ではないか。
d0094333_21503016.jpg
d0094333_21504746.jpg
d0094333_2151053.jpg
d0094333_21512112.jpg
d0094333_21514861.jpg
d0094333_21521532.jpg
d0094333_2153686.jpg
d0094333_21532834.jpg
d0094333_21533732.jpg

by katayama_t | 2009-07-22 21:55 | Construction
無添加赤ワインの日
d0094333_1048495.jpg
最近は家に帰ってからビールを飲むのが日課になっていたが、ケース買いしていたヱビスの小瓶が昨夜はちょうどきれていたので久々に生活クラブ生協の「無添加赤ワイン」を飲んだ。味はフレッシュでジュースっぽいが、甘いわけではなく、変なクセが無く飲み飽きない。熟成されたものがワインだという思いこみを捨てれば、これはこれでとっても美味しい。

ワインは好きだけど、遠くヨーロッパから運ばれてくる贅沢品だし、瓶がリターナブルでないというところが、どうしても抵抗がある。だから買うのなら安ワインは買わず、わざわざ遠くから運んでくる価値のあるものしか買わない。つまり、買うのはほとんどがボルドーの赤、フルボディだ。

そして、熟成していないフレッシュなワインでよければ、生協の赤ワイン。これはリターナブル瓶だし、サイズも小さいのでちょっと飲みたい時には便利だ。そして何より、安いことが魅力。箱買いしてるので値段はよくわからないが、500mlで550円くらいだったような気がする。ちなみに我が家のシフォンケーキに入れているワインはこのワインだ。
by katayama_t | 2009-07-13 23:32 | Life
棟上げまであと1週間
棟上げの日程が決まった。
17日(金)大安。

今日は土台の設置作業。基礎のアンカー位置に合わせて土台に穴を開けていき、ナットで締め付ける。こういうのは現場で合わせなければ絶対に合わない。
d0094333_15262826.jpg
d0094333_15264161.jpg
17日が過ぎたら後は自分で建てていかなければならないが、まだ外壁の板を横に張るか、縦に張るか迷っている。

家のデザインを決めた時には相じゃくり加工を施した杉板を縦に張っていくことを想定していたが、木表を外側にして加工しているため、反ってくると板と板の間に隙間が空く(板は木表側に反るのだ)。そうすると横殴りの風雨で水が入り込む可能性が高い。
縦ではなく、横に張っていけば板が反ってきても下からの吹き上げ以外は雨が入らない構造になるし、むしろ隙間が無いよりも反ってきて隙間が空いた方が毛細管現象が起きず雨が入りにくい。
でも、相じゃくりの横張りだと、面がフラットになるため、今ひとつ外観が貧弱に見えるような気がする。

そこで、今考えているのが、昔の木造校舎によく使われていた「南京下見張り(別名イギリス張り)」だ。上下で少しずつ板を重ねていくので立体感が出て力強い印象。釘は重ねのすぐ上に1本ずつしか打たないので、板が縮んできても割れる心配がない。
d0094333_15294869.jpg
d0094333_15282344.jpg
「あれはどうやっているんですか」と大工さんに聞くと、真ん中の図のように板の厚みを上下で変えているのだという答えだったが、これじゃあ自動鉋がかからないし、高くつくだろう。
そこでいろいろと調べてみると、右のような張り方もあることがわかった。釘を打つ箇所の下に空間が空いているのが不安だが、これなら材料はただのフラットな板だけなので安く上がるし、雨が入り込む心配もなさそう。

いざやるとなると、具体的に決めていかなければいけないことがたくさんある。
by katayama_t | 2009-07-10 21:34 | Construction
七夕
d0094333_9563144.jpg
七夕というのは、もともとは旧暦の7月7日だから現在使っているグレゴリオ歴では8月末だ。旧暦の七夕では上弦の月が出ているはずだが、今日は満月。いまひとつ趣が無い。
by katayama_t | 2009-07-07 22:51 | Life
きのこ狩り
d0094333_13375959.jpg
土を作るために置いた古畳がだいぶ朽ちてきて、そこからヒラタケがたくさん生えてきた。昔の畳なので中に木の皮が入っていて、どうやらそこに菌がいたようだ。いい香りがするし、ちょっとちぎって食べてみるとまぎれもないヒラタケの味。でも、間違えて毒キノコだったりしたら怖いので、いろいろと調べてみた。
ヒラタケによく似たキノコに「ツキヨタケ」という毒キノコがあり、食べると死ぬこともあるらしい。見分け方は、柄を裂くと中心に黒色のシミがあるのがツキヨタケということだが、希にシミが無いものもあるらしい…。

じゃあ、どうすればいいのだ? ともっと良く調べると、ツキヨタケは夏から秋にかけて見られるキノコで、ヒラタケは晩秋から春にかけて見られるということがわかった。

今の季節は夏なのか、春なのか? というところが迷うところだが、しばらく前から生えていたので、まあ、春だろうということにして、たくさん摘んで帰り、家族の皆は嫌がって食べないので一人で、ニンニクとオリーブオイルで炒めて食べた。

実に旨い。毒がある場合は30分から1時間で効いてくるらしいが、2時間くらい経ってもまったく何ともない。

まだたくさん生えているので、次はパスタに入れて食べてみようと思う。
by katayama_t | 2009-07-05 22:36 | Life
昆虫1号
d0094333_104533100.jpg
今年の飛来昆虫第1号はミヤマクワガタ。「昆虫」というのはカブトとクワガタのこと。
昨夜窓の外でバタバタいってたが、どうせまたカミキリムシだろうと思っていた。カミキリにしては音が大きかったが、大きめのカミキリだろうと納得していた。

ところが今朝台所の生ゴミの中にコイツがいた。
隙間だらけの家なのでこのくらいの虫は自由に出入りできる。
家の中には常に何かが飛んでいる。

小学生の子ども達が「子ども会」に入りたいというので、
「子ども会」って何をするの? と聞くと、
「ディズニーランドに行ったり、キャンプをしたりする」という。

「ウチはディズニーランドは行かないし、子ども会で言っている “キャンプ” というのは設備がそろったキャンプ場で、家でやっていることをただ外でやるだけのことだから、この家に住んでいるというのは毎日キャンプしているようなものなんだよ。」

と言ったけど、納得してないようなので、さらに

「もしキャンプがしたいのなら本当のキャンプを教えてあげる。」
「薪を集めてマッチを使わずに火をおこして、ご飯を炊いたり、食べられるものを捕って食べたりするんだ。」「ろうそくも作って持って行く」「友達を呼んでもいいよ」
と言うと子ども達は大喜び。この夏はキャンプをしながら家を作ることになりそう。
by katayama_t | 2009-07-02 06:44 | Life


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile