Katayama Takatoshi Weblog
<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
外壁の防腐処理
我が家はいよいよ外壁を貼る作業。
外壁に使う木材には防腐処理をしなければならないが、薬品っぽい防腐剤は嫌なので、いろいろと調べた結果、ドイツ製の「オスモカラー」という塗料を使うことにした。最初は柿渋を使おうと思っていたのだが、耐久性に問題があり、半年~1年ごとに塗り直さなければいけないということなので、明らかに自分たちには向いていない。オスモカラーはさすが環境にうるさいドイツ製だけのことはあり、使っている油は無農薬の植物油で、防腐効果や防カビ効果も高く耐久性もある。1缶2.5リットル入りで16800円と、ちょっと高いが、これでずっと気持ちよく過ごせるのなら安いものだ。

注文していた180×18mm(6寸×6分)の杉板が来たのでさっそくオスモカラー「ウッドステインプロテクター」の「エボニー色」を買ってきてとりあえず1枚だけ塗ってみたところ、色が濃すぎる。蕎麦屋でもやるのならともかく、住むにはちょっとまずい。悩んだあげく、どうせ1缶では足りないので、もう1缶もっと薄い色を買ってきて混ぜればいいのではないかと思い、千葉まで往復3時間半かけてロイヤルホームセンター千葉北店へ買いにいった。今度は思いっきり薄い色「ラーチ」を買って来て「エボニー」に「ラーチ」を全量混ぜたが、色味は全然変わらず、黒色が若干不透明になっただけ。

…あせるとろくなことはない。
完全に失敗である。

バカだった。こういう場合は、「ラーチ(薄い色)」に「エボニー(濃い色)」を少しずつ混ぜていくのだ。
黒い顔料と白い顔料を同量混ぜても中間色にはならないで、色味はかなり黒っぽい方に寄るなんてことは色彩学の基礎の基礎だ。しかし、それでもこの不透明感はいかんともしがたい。薄い色は白っぽい顔料が入っているので不透明感が増す。白い顔料は粒子が細かいので不透明になるのだ。これも常識。

気を取り直して、今度はちょうど良い濃さの色を単体で使うことにして、また4時間くらいかけて「ウォルナット」を買ってきて塗ってみたのだが、不透明絵の具を塗ったみたいで全然気に入らない。一応木目は見えるが、全体的に絵の具色だ。結局自然塗料というのは化学的な物質を使わずに顔料で物理的に皮膜を作るという発想なのでどうしても不透明っぽくなるのだ。女性のファンデーションみたいに嘘っぽくて不自然な色。これならペンキで水色や白色などを塗ったほうがいさぎが良いではないか。

杉板の木目を生かしながら防腐処理をするのなら、結局は人体に良くない化学的な防腐剤を塗るしかない。

高い勉強料だったが、これでもう納得した。この際、環境などどうでも良い。大事なのは見た目だ。自然派塗料をあきらめて一番近くのホームセンターに行き、「クレオトップ」という防腐剤を買って来た。7リットル入りで3650円(安!)。塗ってみると、完全に透明色の茶色。これぞ欲しかった色味! ちょっと臭かろうが、キシレンが入っていようが、もう良い。見た目が一番大事なのだ。
d0094333_1564988.jpg
d0094333_22385694.jpg
d0094333_157761.jpg
d0094333_22395639.jpg
濡れ色はマホガニーっぽいが
d0094333_2240103.jpg
d0094333_22394513.jpg
乾くと塗ってないみたいに薄くなる
by katayama_t | 2009-08-30 15:08 | Construction
ベランダ防水テープ
ベランダの手すりがつく部分に防水テープを貼った。やったことも見たこともないので、はて、どうしたものかと思ったが、要するに雨が入らないようにすれば良いのだからたぶんこれでいいのだろう。この上に板金屋さんが雨よけをかぶせてくれる。テープは両面テープで黒いゴムが溶けて指やナイフにねちゃねちゃとくっつく。こういうのは後でガソリンで洗うときれいにとれるはず。
d0094333_1742711.jpg
d0094333_17421836.jpg
d0094333_17422835.jpg

by katayama_t | 2009-08-23 17:46 | Construction
下地板を貼る
1週間ほどかけて2階部分の下地板をほぼ貼り終えた。杉板を注文していたのだが、「檜でもいいですか?」と言われてもちろんOK。天井板ではなく野地板として注文したので、坪単価2700円。格安! これが1階の天井になるので片面は鉋をかけた。これを隙間なく貼っていくのがけっこう大変。板が反っているので並べただけでは隙間だらけになる。ではどうするかというと、5〜6枚並べて、一番最後の板を3~6mmくらい少し狭めの位置(隙間の空き具合によって調節)にまず留めてしまう。そして、残りの板をその間に無理矢理押し込むのだ。3〜4枚の板を並べて最後に残った2枚の板を山形にしておいて上から踏むとピシッと隙間なく入る。これに墨を打って、65mmのビスで根太に留める。段ボールを紐で結わくのと同じ要領。
d0094333_17305648.jpg
d0094333_1731778.jpg
d0094333_17311878.jpg
d0094333_17312878.jpg
d0094333_1731377.jpg
この上に床板を貼るのだが、それはまだ先。
by katayama_t | 2009-08-23 17:35 | Construction
ひさびさのキャンプ
連休中にキャンプをした。
前日に押し入れの奥に眠っていたキャンプ道具を引っ張りだして、昼間は家作り、夕方からキャンプの準備という少々無謀な計画だったが、なんとか食事もできて花火もできて子ども達も楽しかったようだ。

暗闇の中、焚き火やロウソクやペンライトの明かりだけを頼りにテントを組み立て、食事の準備をしていると昔の貧乏キャンプを思い出す。ずぶぬれになりながら暗闇の中、わずかな新聞紙だけで米を炊いたり、金も食料も尽きて、海岸で貝をとって食べたり(笑)。

今では風呂に入れないというだけの理由でキャンプを躊躇するほど歳をとってしまったが、時々はこういうことをしないと人間は怠惰になる。
d0094333_15531081.jpg
d0094333_15532741.jpg
d0094333_15533834.jpg
d0094333_15534846.jpg
久しぶりにキャンプをしたら、昔ベドウィンのテントに泊まったときのことを思い出した。町から遠く離れた砂漠の中の村からさらに5時間ほど歩いて到着したテントは世界の果てのような砂漠の中にぽつんと1つだけあり、家族5人が住んでいた。そこにあるのはわずかな調理道具とわずかな食料だけ。そこでいただいたパンを食べると「ジャリジャリ」という食感。砂が入っていた。周りはすべて砂、食器を洗うのも砂、食べものに砂が入るのはあたりまえなのだ。

そこでは夜も朝もとてつもなく美しかった。何も遮るものが無い地平から太陽が昇ってくる様子は想像を絶した。

便利さとは無縁の生活だったが、何ものにも縛られない暮らしぶりは、こちらが恥ずかしくなるような自由さがあった。「おまえはいったい何をしにここまで来たのだ?」と問われているような気がした。私はあの頃から辺境な地への旅行をしなくなった。どこに行っても人々はしっかりと地に足をつけて「生活」をしていた。日本という腑抜けた国から大金をかけて世界の果てまで旅行することが恥ずかしかった。
日本でやるべきことをやらなければならないと思った。
by katayama_t | 2009-08-20 07:52 | Life
着々と進行
作業は少しずつ進んでいる。屋根もおおかたステンレス板をふき終えて、サッシが入り、壁には防水紙が貼られた。防水紙は通気性のある白色のものが最近はよく使われるが、職人さんたちに言わせると「あんなものはダメだ」とのこと。ということで我が家は昔ながらのアスファルトフェルト。通気性のある防水紙は「サイディング」という全く水分を通さない外壁材の場合に使われることが多いらしい。壁の内部に結露した水が抜けなくて蒸れてしまうからだろうか?
d0094333_12281730.jpg
d0094333_12282975.jpg
d0094333_12284190.jpg
子ども達が暇そうにしているので金槌と釘を買い与えたら、落ちている木っ端で何か作っている。家かなと思って聞くと、1つは死んだ猫のための祭壇、もう1つは鳥の餌台なのだそうだ。ああ、猫と言えば4匹の子猫を引き取るはずだったのだが、4匹とも暑さに負けて死んでしまったそうだ。はかない命。
d0094333_12285715.jpg
それでも命はつぎつぎに産まれてくる。
d0094333_12341085.jpg

by katayama_t | 2009-08-18 07:27 | Construction
カーネルパニック
d0094333_23251737.jpg
先日、愛用のマシンMacBook Pro 15インチのOSをアップデートしていたら、途中でフリーズした。しかたがないので再起動したものの、見覚えのない画面が出てきて、再起動せよとの警告。その後いくら再起動しても同じ画面…。調べてみるとこれは「カーネルパニック」という症状でOSに致命的な問題があるときに出てくるらしい…。

こういう場合は買った時についてきたシステムのCDから起動してディスクを修復するのが定石だが、しばらく前から光学ドライブが壊れていて、無理。

ということでまずは光学ドライブの入れ替えを行うことにした。
内蔵されているドライブはMATSHITAのUJ-875というものだが、これはどうやら今は使われていないらしく、代わりにHLDSの「GSA-S10N」というものがAppleの純正になっている。

さっそくネットで購入。16500円也。9.5mmの超薄型なので高い。
MacBookをターゲットモードで起動し、他のMacにバックアップをとってから、いよいよ解剖♪ 精密機械の分解作業は楽しい。私は子どもの頃から分解癖がある。テレビを分解して感電したり、カメラを分解してネジを1本飛ばし簡単に多重露光が出来るようになってしまったり、扇風機を分解してショートさせたり、コンセントにナイフを差し込んで遊んでいて感電するなんてこともよくあった。

というわけで、わくわくしながらドライバーセットとMacBookを用意。
ドライバーセットは表参道のMoMAストアで売っていたという精密ドライバーとトルクスドライバーがずらりと揃った、まるでMacを分解するためにあるような優れものを学生から借りた。
d0094333_23255339.jpg
d0094333_23261266.jpg
とりあえずネジというネジを全て外す。メモリドアのネジも外して、さらにその中にあるネジも外す。よし、これで全部外れたと思って、キーボードをそろりそろりと持ち上げたのだが、トラックパッドの手前で何かひっかかりがあり、うまく外れない。よ〜くみるとバッテリーケースの側面にもネジがあった。こういうときに無理をしてはいけない。このネジを外すと難なくキーボードが持ち上がった。
d0094333_23271160.jpg
d0094333_23272331.jpg
d0094333_2326588.jpg
ネジは外した順番に並べておく。これは長年の分解作業で培った知恵だ。
d0094333_23284100.jpg
無事上蓋が外れて、ドライブが見えた。
今度はドライブ周辺のネジというネジを全て外し、ドライブを外し、側面のガイドを新しいドライブに付け替える。あとは逆の手順で組み立てていき完成。
d0094333_23284494.jpg
d0094333_23285316.jpg
無事CDから起動してOSを再インストールしようとしたが、ハードディスクの容量が足りず、ディスクを消去してからインストールするしか方法がない。しばらく考えたがこの際大掃除もいいかと思ってきれいさっぱり全て消して、OSをインストール。愛機は新しくまっさらな状態になった。

さて、なったのはいいのだが、冷静に考えると、このマシンはハードディスクの容量が80GBしかない。それで今までは外付けのハードディスクにデータを移しながら苦労して使っていたのだが、ムービーの編集などはエラーが多くてかなり厳しかった。そもそもアップデートの最中にフリーズした原因も容量不足だったんじゃないか?
…この際ハードディスクも入れ替えるべきなのではないか?

思い立ったら即実行。
シリアルATA 1.5Gb/s 250GBのハードディスクをネットで注文。
WesternDigital WD2500BEVS
6480円也。

次はハードディスクの換装だ。
by katayama_t | 2009-08-17 23:36 | Life
ベランダ防水工事
防水屋さんが来て、コンパネをFRPで覆っていった。
側面に穴を開けて、角木をガンタッカーで留めて、FRPで作った排水口を取り付けて、FRPでコーティング。最後に塗装して完成。排水勾配もうまくついている。

簡単。
このくらいの作業なら次は自分でできるが、次が無いだろうところが残念だ。
d0094333_11464018.jpg
d0094333_11471693.jpg
d0094333_11473078.jpg
d0094333_11474628.jpg
d0094333_11475943.jpg
d0094333_11481145.jpg
d0094333_11482887.jpg
d0094333_11484152.jpg
d0094333_11485171.jpg

by katayama_t | 2009-08-17 22:33 | Construction
ベランダ下地造り
忙しい…。
土日は一日中ベランダの床造り。
今日月曜にFRP防水工事が入る予定だったので、なんとしても昨日のうちに下地を完成させなければならず、朝から夕方までみっちり働いた。

根太の上に床の下地板(これが一階の天井になる)を張ってから水勾配の桟を取り付け、その上に分厚いサイディング(外壁材)を張り、さらにコンパネを張る。そしてコンパネを100ミリのビスで根太に留めていくのだが、途中のサイディングが硬くてビスは折れるし、インパクトドライバのビットもバシバシ折れる…(鋼鉄製のビットがこんなに簡単に折れるものだとは知らなかった)。

それでもなんとか昨日の夕方までには終わり、雨対策のためにシートを掛けて帰宅。コンパネに水分があるとFRPがくっつかないで剥離してしまうので、シートは重要。
さて、一夜明けた今日はなんと台風の影響で朝から大雨…。
ふぅ…。この様子ではFRP工事は盆明けか。
d0094333_2349583.jpg
d0094333_23501775.jpg
d0094333_23503614.jpg
d0094333_23505694.jpg
d0094333_2351138.jpg
d0094333_23513665.jpg
d0094333_2351496.jpg

by katayama_t | 2009-08-10 23:54 | Construction
核廃絶ということ
1945年8月6日、B29爆撃機「エノラ・ゲイ」が5トンの原子爆弾「リトルボーイ」を広島に落とした。それから64年後の4月5日にオバマ大統領がプラハで「核兵器の無い世界を目指す」と宣言し世界を驚かせたが、皮肉なことに唯一の被爆国である日本の政府が核廃絶に対する抵抗勢力のようだ。…まったく笑うしかないが、それでもこの流れは変わらないだろう。なぜなら、オバマが核廃絶を目指すと言ったその理由は人道的見地からではなく、テロリズムへの驚異であり、アメリカの敵対組織に核が渡った場合の危機感だからである。
http://www.youtube.com/watch?v=itFI87hixy0

そういう意味では、オバマが核廃絶と言ったところでそれを手放しでは喜べない。アメリカは相変わらず「いかに効率的に人を殺すか」ということを目指して新兵器を開発していくだろう。

もちろん核廃絶はやらなければならない。しかし、それと同時に戦争も放棄しなければならない。核兵器が非人道的で通常兵器(おかしな名前だが)が非人道的じゃないなんてことはない。さらに言えば、兵器や戦争などという大きなことではなく、日常的に見過ごしているような小さなことに人類の問題は隠されている。人が人を人として扱うという、ごく当たり前のことをし始めなければ、根本的には何も変わらない。

もう20年くらい前、あるきっかけで核兵器廃絶運動に署名を求められたことがあったが、その時に、「核兵器」が問題なのではない! という怒りにも似た強烈な思いが沸き上がり、即座に断った。たぶん趣旨に賛同して署名が少しでも多く集まるように協力したほうが核兵器を減らすためには良いのだろうし、それが正しいことなのだろうし、大人というものなのだろう。でもどうにも違和感があってできない。「核廃絶」というとその他の兵器は容認しているように聞こえる。もちろんそんなことは無いことは知っているし、また、たとえそう思われたとしても日本は「核廃絶」を訴え続けなければならないことも理解できるが、頭で分かっても違和感というのは無くならないものだ。

その後なんだか、「悪い人」になったようで後味が悪かったが(笑)、今同じ事を問われてもやはり断るだろう。
ちっとも大人じゃないが、でも無理をして自分じゃなくなるよりはいいか。
by katayama_t | 2009-08-05 07:55 | Social


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile