Katayama Takatoshi Weblog
<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
再び屋根に登る
午後から晴れたので屋根に登って昨日応急処置を施した煙突の穴を本格的に(?)塞ぐ作業。いらないバケツの口を切って屋根に登り、新潟六日町の百均で買った養生テープで固定。これで当分の間家の中に雨が降るようなことはないだろう。素人が屋根に登っているのが珍しいのか通りすがりの軽トラのおっちゃんが車を留めてしばらくこちらを見ていた。
d0094333_2202345.jpg
d0094333_2203625.jpg
d0094333_2204885.jpg

by katayama_t | 2012-11-24 21:57 | Construction
あの日のこと
先日来日していた韓国のLee先生と食事をしながら3.11のことを話していた。あの日どこでどうしていて、どう感じたのか、話しながらこみ上げてくるものがあり、多くを語ることができなかった。考えてみればあの日起きたことについて今までちゃんと人と話をしたことがない。話をすることを避けてきたような気もする。自分はまだ冷静に語ることができないのだと思った。
by katayama_t | 2012-11-23 22:06 | Life
風流な家
昨夜は飲み歩いていて帰れず、今朝、帰宅すると家の中に雨が降っていた。風流なことである。

最初は分からなかった。
何か音がするなあ、と思っていたが、うちの猫たちがしょっちゅう何か捕まえてきているので、さほど気に留めなかった。

それにしても今頃は昆虫もいないしモグラかな? などと考えながら音のする方を見ていると、水が、上から落ちてきている…。おかしいな、洗濯物かな? と思って見上げてみると、煙突を通すために空けた穴から空が見えた。塞いでいた塩ビ板が外れたのだ。塩ビ板を真空成形して出口の形に沿わせたとはいえマスキングテープで仮止めしただけでよく2年間も持ったものである。建築当初はすぐに煙突とストーブを取り付けるつもりでいたのだが、そんな金は無く、そのままになっていた。

いつかはこうなるだろうことは分かっていた。こうなる前に晴れている日に処置をしなければ、最悪雨の中、屋根に登って応急処置をする羽目になることも十分分かっていた。しかし、人間本当に困らないと動かないものである。結局最悪のコンディションで屋根に登る羽目になった。

覆っていた塩ビ板が見当たらないのでビニール袋を養生テープでぐるぐる巻きにして留めた。濡れているのでテープがうまく着かず、すぐにまたやり直さなければいけないが、幸い今日は風が無いのでとりあえずはこれで持つだろう。雨がやんだらバケツでも被せてしっかり固定しようと思う。まだ煙突を買う余裕は無い。
d0094333_1013425.jpg
d0094333_1015953.jpg
d0094333_1021995.jpg
d0094333_1023218.jpg
d0094333_1075290.jpg

by katayama_t | 2012-11-23 10:05 | Construction
宝物殿完成間近か
遅々として進まぬ我が家の宝物殿(物置)もようやく完成が見えてきた。
あとは外壁の残りを貼って、雨どいを取り付け、電気を通し、ドアを作って取り付けて、出入り口に階段を作るだけだ(まだけっこうある…)。なんとか年内に完成させて荷物を片付けて清々しい気分で正月を迎えたいところ。
d0094333_1775980.jpg
しかし、まだまだ家は完成しない。今思い描いている家の完成形を見るまでにはあと10年はかかりそうだ。
by katayama_t | 2012-11-11 17:10 | Construction
ダイニングテーブルレストア
先日レストアしたテーブル面の傷がどうにも落ち着かないため、天板を削り直すことにした。電気鉋で大きく落としてから手鉋で仕上げる。一皮むくと木材そのものの色が出てくる。
d0094333_18135296.jpg
このままクリアワックスを塗るとMUJI的になってしまうので色つきのワックスを買いに、おゆみ野のスーパービバホームへ車を走らせた。塗料コーナーの品揃えはこのあたりのホームセンターでは1番良いがそれでも希望の物(エボニー色の少量缶)が無く、ローズウッド色で妥協。
d0094333_18141349.jpg
家に帰り、刷毛で薄く伸ばして天板にすり込む。乾燥すると艶が無くなりまあまあの仕上がり。
d0094333_18145660.jpg
自分は20年前にはまだ、ベニヤ板を素材にオイルステインとウレタンニスで仕上げて家具を作っていて何の疑問も持たなかった。今では考えられないし、何の躊躇も無くベニヤ板を素材にして家具を作っているような人を見ると若干軽蔑するけど、自分もそうだったということはいつも心に留めておきたいと思う。
by katayama_t | 2012-11-05 18:24 | Construction


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile