Katayama Takatoshi Weblog
<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
とりあえず1羽食べてみた
生後2年半経っている鶏はほとんど卵を産まない。毎日1つずつ卵はとれるが、5羽いる雌鶏の中で産んでいるのはたぶん2羽くらいではないかと思う。毛並みが綺麗で若く見える鶏は産んでいない鶏で、毛が禿げてきていて年をとって見える鶏が卵を産んでいるらしい。

鶏はいくらでも持って行って良いと言われているので、産んでなさそうな鶏を絞めて食べてみた。痩せていて肉もほんのわずかしかとれず、かつてアメリカで食べたステーキ並みに硬い。でも、力を入れてようやく噛み切れるような肉を食べると少量でも満足するから不思議だ。
d0094333_20575232.jpg
d0094333_20581114.jpg
d0094333_20582945.jpg

by katayama_t | 2016-08-28 20:59 | Life
鶏の餌は
飼いはじめてから飼い方を調べるというのは順番が間違っているような気もするが、何事も始めてみなければやる気が出ないので、鶏には申し訳ないがこれもまあ仕方が無いだろうと思う。

知の宝庫「図書館」に行ってきた。ところが、犬や猫に関する本は山ほどあるが、鶏に関する本はほんのわずか。鶏の隣の棚にはインコのコーナーがあり、その下にはミツバチの棚があり、そのどちらも鶏より充実しているように見える。一瞬「インコにしようかな……」とか「ミツバチもいいな」などと気が迷うものの、すでに鶏がいるので、目移りしてはいけないと自制して、役に立ちそうな2冊の本を借りてきた。
d0094333_16201279.jpg
d0094333_16205290.jpg
ぱらぱらと流し読みした程度でも、ある程度知識は入ってくる。本ってすごい。本によると鶏はどうやら何でも食べるらしい。ホームセンターには配合飼料というものが売っていて、遺伝子組み換えトウモロコシや、魚粉や、油かすや、貝殻や、米ぬかなどがバランス良く配合されていて、うちもとりあえずそれを使っていたが、何でも食べるとなれば今まで畑に穴を掘って埋めていた野菜くずや、出汁をとった後の鰹節や、米ぬかや、猫が残した煮干しの頭など、それから草刈りをした後に大量にでる雑草など、何でもかんでも鶏の餌にできる。野菜につく青虫やバッタなども大好物なので、害虫駆除も兼ねることができる。
d0094333_16213597.jpg
本によると発酵飼料を作ると良いということのようだが、出来るところから無理せずやるということが生活においては大切なので、まずはできるところから。

ゆくゆくはヒナをかえして循環させられるところまで行きたい。
by katayama_t | 2016-08-27 16:22 | Life
鶏小屋作り
鶏小屋を作った。
できるだけお金をかけたくないので、製材屋さんに行って端材をもらってきて、大まかなところはそれを使い、屋根材や板材のみ購入。ということで総工費は20858円。ビスや、釘、一部の板などは、家にあったものを使っているので実際にはもう少しかかっている。

総工費内訳
・コンクリートブロック:1000円(100円×10個)
・野地板:1790円
・波形トタン:12828円(9尺2138円×6枚)
・カラートタン平板:1390円
・金網:3850円(350円×11m)
合計:20858円

先日知り合った卵屋さんに電話すると、いらない鶏があるから持って行って良いというので早速取りに行って、雌鶏5羽、雄鶏を1羽もらってきた。すでに生後2年半ほど経っているので、あまり卵は産まないが、まずはこの鶏たちで飼い方を研究して、ゆくゆくは、雛から育てるようにしようと思う。
d0094333_114189.jpg
d0094333_1145355.jpg
d0094333_1152513.jpg
d0094333_116034.jpg
d0094333_1162711.jpg
d0094333_1165399.jpg

by katayama_t | 2016-08-21 20:03 | Life


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile