Katayama Takatoshi Weblog
「国家とは共同の幻想である」 なんちて(笑)。
軍隊がない国というので、日本でも話題になったコスタリカの大統領が来年1月から大統領職で得る給料を全額福祉団体に寄付するそうだ。月額で約100万円。これが現地でどのくらいの価値がある額なのか知らないが、物価は安いんだろうな。
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200612210020.html
どこかの総理大臣が不祥事の責任をとって給料の3ヶ月分を返納するなんていうバカ丸出しで同じ日本人として恥ずかしくなるようなことを発表していたが(自分が一番上にいるということを忘れてるんじゃないか?)、もうなんていうか「器」が違うという感じだ。このオスカル・アリアス氏は87年に中東和平に貢献した功績によりノーベル平和賞も受賞している。

コスタリカは軍隊がないとか、軍事費を使う代わりにその分の予算を全て福祉と教育に回しているとかで、映画も作られたりしてすごく持ち上げられているが、実態はアメリカ追従で今までやってこられたという面もあるし、この全額寄付というのもイメージ戦略という面が無いとは言えないだろう。私は大統領が社会的弱者を救済したいという思いからこの決定を下したことは疑わないが、おそらくそれだけじゃない。弱者救済という為だけなら公表する必要はないし、長期的な視野にたって政策で解決するべき事柄だと思う。とはいえ、私はそれを否定しているわけではなく、むしろ肯定的にとらえている。メディア戦略は今の社会においてとても重要だ。そういう視点で見てもこの決定は話題性もあるし、痛快だし、頭がいい。

やっぱりどこかの国の総理大臣とは格が違うのだ。
でも民主主義っていうのはその名の通り、民が主だ。国民が政治家を選ぶ以上、国民のレベルにあった政治家しか持つことはできない。言い換えると、政治家のレベルはとりもなおさず国民のレベルってことだ。国民って誰だ? それは私たち一人一人のことだ。はは、笑うしかないな。
by katayama_t | 2006-12-21 22:45 | Social | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kattak.exblog.jp/tb/4423558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< クリスマスケーキを貰ってしまった シャイな日本人、フレンドリーな韓国人 >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile