Katayama Takatoshi Weblog
絵画は奇跡を起こさなければならない
d0094333_19574961.jpg「絵を描くことが自己表現に関わると考えたことは、これまでに一度もありません。」「自分自身を知るのが貴重なのは、そうすれば作品制作の過程から自己を排除できるからにすぎません。」マーク・ロスコ

美術家なら以上のような言葉は驚くに値せず、むしろ当然すぎるほど当然なことだ。美術家でなくても芸術を解する人であれば、芸術作品というものが個人を超えたものであることは見ればわかる。自明だ。
しかし、一般には芸術作品を創造することは自己表現だと思われている節がある。NHKの日曜美術館が我慢ならないのは、芸術家個人と作品を過度に関連づけて芸術作品を「メロドラマ」に貶めているからだが、それが長年続いているのは世の中に受け入れられているということなのだろう。
絵画は自己表現ではない。
そして色彩や構図の効果だけで成り立つものでもない。絵画とはもっと不可解で不思議なものだ。

「絵画は奇跡を起こさなければならない。完成した瞬間に、創作物と創作者の間の親密な関係は終結する。作者は部外者となる。絵画は作者にとっても、後にそれを体験するひとのだれとも同じように、天啓でなければならない。」マーク・ロスコ

川村記念美術館で開催されているマーク・ロスコ展を見た。
ロンドンのテート・モダンでは32万人の観客を集めた展覧会だ。
目玉は散逸している「シーグラム壁画」15点を1室に集めた展示。すばらしいの一言。
圧巻である。

1995年に日本各地を巡回した日本初のロスコ展は作品を年代順に1点1点並べた展覧会で、それはそれでロスコという画家を理解するにはとても良い展覧会であったが、今回のはまったく別物。ロスコ芸術を体感する展覧会となっている。

「シーグラム壁画」というのは、ニューヨークのシーグラムビル(ミース・ファン・デル・ローエ設計)内にオープンするレストラン「フォー・シーズンズ」の壁面を飾るためにロスコが依頼された連作絵画で全30枚の現存が確認されている。かねてより自分の作品のみで一室を満たしたいと考えていたロスコはこの依頼に飛びつくが、完成したレストランの雰囲気が気に入らなかったロスコは自らこの依頼を断る。そして完成していた30枚の連作が行き場を失ってしまった。

「レストランの雰囲気が気に入らなかったから断った」と言われているが、実際はレストランを見る前から、自分の絵がレストランには合わないことは分かっていたはずだ。

ロスコはレストラン完成前にヨーロッパに向かう船旅の中で「フォー・シーズンズ」のことを「ニューヨークの金満家どもが食事にありつき、見栄を張るための場所」とこき下ろし、さらに「この仕事を、ただ悪意のみに突き動かされ、言いがかりをつけるつもりで引き受けた。あの部屋で食事をするろくでなしたちが、一人残らず食欲を失うような絵が描きたい」と言ったという。

確かにあの空間では食事どころじゃない。食事どころか会話も出来ないだろう。展示室に入った瞬間に胸がいっぱいになる。圧倒的な空間。

昔、友人が「ロスコの絵の前に立ったらぽろぽろと涙があふれ出てきて、自分でも驚いた」と言っていたのを思い出した。

「絵画」とはなんと不思議なものなのだろうと思う。
「奇跡」とはこういうもののことを言うのだ。
by katayama_t | 2009-05-05 19:59 | Art | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kattak.exblog.jp/tb/9686470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2009-05-05 23:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-05-08 09:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ブルックナー休止 コンクールなんてくそくらえである >>


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile