Katayama Takatoshi Weblog
2006年 12月 15日 ( 1 )
昔の音楽を聴く
d0094333_3281714.jpgアルバム名:No Pussyfooting
アーティスト:FRIPP&ENO
オリジナル版発売日:1973/11

曲目
1. Heavenly Music Corporation 20.55
2. Swastika Girls 18.43


キング・クリムゾンのロバート・フリップと元ロキシー・ミュージックのブライアン・イーノがコラボレーションした実験ユニットの記念すべきデビュー作。この後FRIPP&ENOで3枚のアルバムをリリースするが、この第1作を越えるものはできなかった。と私は思う。

残念ながら現在は在庫切れで入手が困難なようだ。amazonで中古品を見たら39800円というバカみたいな値段がついていた。ちなみに私は1900円で購入した。

韓国に来てから音楽を聴く機会が多くなった。日本では車の中くらいしか音楽を聴く時間が持てないが、静かな音楽はロードノイズにかき消されてしまうので、必然的にリズミカルなロックやポップミュージックが多くなる。ジョン・ゾーンのような爆音ノイズミュージックも聴けることは聴けるが、信号で止まったときに隣の車から不審な目で見られることを覚悟しなければならない。こちらでは一人暮らしだし日本にいる時のような雑用が少ないので音楽をゆっくり聴く機会もある。ちなみにテレビは70チャンネルくらい映るが日本と同じでくだらない番組ばかりでつまらない。

日本でiTunesにたくさん音楽を入れてきたのだが、それでも「ああ、あれを入れてくれば良かった」と思うことが多く、その中でもすごく聴きたくなって迷った末にネットで中古品を購入して日本から送ってもらったものの1つがこれだ。日本に帰ればあるのだが、レコードしか持っていないし、この機会にCDを買っても良いと思ったのだ。

このアルバムの発売年は1973年、今から33年前になるが、今でも古さを感じずに聴くことができる。ポップミュージックの場合は当時の流行が鼻について聴くに堪えない場合もあるし、初期のシンセサイザーミュージックも、それが可能だというだけの理由でグリッサンドを多用したりしていて聴いていて恥ずかしくなることもあるが、これは真摯に音楽に向き合っている姿勢が心地よい。私はこれを聴くと必ず眠くなって聴き終わる前に寝てしまうこともよくあるが、そのくらい聴いていて気持ちがいい。

実はこれと一緒に昔のキング・クリムゾンのアルバムも数枚買った。「Island」「Larks Tongue In Aspic」「Starless And Bible Black」「Red」の4枚だ。レコードは持っているのでCDは買うまいと思っていたのだが、ついに買ってしまったという感じだ。高校生の頃によく聴いていた音楽だがたまに聴きたくなる。これもやはり30年以上も昔の音楽だが、今聴いても実にすばらしい音楽だと思う。

今まで聴いてきた音楽の中でベストテンを挙げるとしたら、クラシックや現代音楽も含めてその多くは20歳前後で出会った音楽で、それ以降それを越えるものに出会っていないが、それは若い感性で出会ったからで、歳をとって感性が錆び付いているのか、それともその音楽がほんとうにすばらしくてそれを越えるものが世の中に無いのかが今ひとつわからない。

でも考えてみれば若い頃に出会った音楽といってもその頃でもすでに昔の音楽になっていたわけで、クリムゾンにしても10年近いタイムラグがあるし、クラシック音楽なんて言ったらはるか遠い昔だ。若い頃に昔の音楽のほとんどを聴いてしまったとしたら、それから出会う音楽というのはたかだか30年くらいの間に発売されたものだけだから、それほど感動作に出会わないのも当然なのかもしれない。過去の音楽のほとんどを聴いたなんてことはあるわけないけど、有名なものは聴いているし、すばらしいものはたいてい有名なのだ。

そんなわけで、私は現代社会で生活をしながら大昔の音楽を聴いているってわけだが、ホントにいいのか?こんなので?とも思っている。
今現在もすばらしい音楽が生み出されているのではないかという気がしてならないのだ。誰か知っていたら教えてくれ。
by katayama_t | 2006-12-15 04:31 | Music | Trackback | Comments(4)


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile