Katayama Takatoshi Weblog
2011年 01月 30日 ( 1 )
風呂場作り続き
排水口をエポキシ接着剤で取り付けて、床のタイルをポリエステルパテで貼る。貼りだしてすぐに排水口が若干高すぎたことに気づいた。排水口を相対的に低くするためにタイルの下にたっぷりとパテを盛るが、当然ながら凸凹になってうまくいかない。今思えば排水口を外してもう一度やり直せば良かったのだが、その時にはもう勢いでやってしまった。

こういう仕事は冷静さと的確な判断がとても重要。限られた時間でやっているので、つい仕事が雑になりがちだが、結局は、その都度立ち止まりながら丁寧にやっていったほうが、綺麗に早く仕上がることが多い。

床を貼り終えた次の日には、エポキシで壁のタイルを貼る。このエポキシ接着剤(パテ)、タルクがたんまり入っていて、やたらと硬いが、タイルを垂直に貼るためにはこのくらい硬くないと、タイルが自重で落ちてくる。ガラス切りを持ってくるのを忘れたので、タイルが切れない。できるところだけやって、あとは来週に持ち越しとする。

ラスカットの上には普通モルタルを塗って、その上からタイルだが、うちはモルタルを省略したせいで壁がやや柔らかい…。やくざなやり方である。あまりお勧めできないが、どうすれば一番耐久性があるのか、結論はまだ出ていない。私がモルタルを塗ると綺麗に塗れるとは思えないので、モルタルが水分を含むだろうことと、綺麗に平らに塗るのが難しく、結果タイルが凸凹になるのではないかと予想される。
表ではなく、ラスカットの裏にモルタルを塗って壁の硬さを出したらどうだろうか?
d0094333_23252747.jpg
d0094333_23254064.jpg
d0094333_2326216.jpg
d0094333_23261668.jpg

by katayama_t | 2011-01-30 23:26 | Construction | Trackback | Comments(0)


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile