Katayama Takatoshi Weblog
<   2008年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
地球は温暖化してはいるが…
今盛んに言われている地球温暖化問題は以前から関心をもってみているが、調べれば調べるほど何がほんとうなのかわからなくなる。

日本では、あたかも人間がCO2を減らせば地球温暖化は防げるかのように言われているが、イギリスの人達はそんなの全然信じてないみたいだ。

イギリスでは、アルゴアの「不都合な真実」が「政治的に偏向し、部分的に誤りがある」として学校での上映に際して是正措置をとるよう求める判決が下された、というニュースもあったし(2007年10月12日 読売新聞)、去年の7月に行われた世論調査では過半数が「地球温暖化はたいした問題じゃない」と回答している。

この世論調査結果は、昨年3月に上映されたThe Great Global Warming Swindle(偉大なる地球温暖化の詐欺)というテレビ番組の影響もあるのだろう。この番組では地球温暖化CO2原因説を真っ向から否定している。当然ながら全編英語なので、ほとんど理解不能だが、ときおり提示されるグラフ化されたデータだけでも充分興味深い。このデータを全て信頼するとしたら、温暖化は人間が発生させたCO2が原因だなんてのは、全くばかげた話にみえる。

d0094333_21504095.jpg過去1000年の気温変化:地球は温かくなったり、寒くなったりを繰り返している。
今はちょうど温かくなる時期にさしかかっている。

d0094333_21534025.jpg気温とCO2濃度の関係:赤が気温、青がCO2濃度。気温が上がってからCO2濃度が上がっていることを示す。その逆ではない。その間約800年のタイムラグがある。

d0094333_2204540.jpg左はCO2濃度と地表温度、右は太陽の活動と地表温度の関係。地表温度は太陽の活動と見事にリンクしている。過去100年。

実は私は、この番組を見て、何を言っているのか理解しようと試みるよりも、その画面構成の面白さに見入ってしまった。カメラアングルが実に凝っていて構図が面白いし、途中出てくるアニメーションもなかなかしゃれている。製作サイドが楽しんで作っているのが伝わってくる。まるで映画みたいだ。これならアルゴアが作ったハリウッド映画にも対抗できる(笑)。

それはさておき、データというのは計測条件によっても、その選び方によってもまったく見え方が変わってくる。いろんなデータを見ても、その裏の裏まで見ないと温暖化のほんとうのところはやはりわからない。

ただ、言えることは、温暖化問題はこれだけ世界中で大問題にしているのだから、経済や政治の問題と深く関わっていることは確かだということだ。経済や政治と結びつかなければどんな重大なことでもニュースにはならない。

しかし、今の日本では、温暖化問題は誇張されているなんてことは言いにくい雰囲気になっていて、とても表だっては言えない。
そんなことを言ったら、「節約なんてしなくても良い」と言っているようにしか聞こえないし、戦時中のように非国民扱いされかねないからだ。

節約は大事だ。でも問題を見誤ってはいけないと思う。

このままいくと発電時にCO2を出さないからという理由で原発が推進されて、オール電化住宅が増え、ハイブリッド車や電気自動車が増える。そして、それらの製造や廃棄で排出される有害物質によってますます環境は悪化していくのではないか?と心配になる。

バイオエタノールも燃やすときには確かにCO2は出さないが、製造段階からみた場合はどうなのか?さらに、トウモロコシやサトウキビという「食料」を原料にするというのは、どうなんだ?正気か?貧困の問題を置き去りにしてまで、そんなことをやる必要があるのか?

何が真実なのか、というのはなかなかわからないが、今の風潮はちょっとおかしいと思う。温暖化問題によっていったい誰が得をするのか?と考えると、すでに製造業が衰退している先進国主導でこの問題が扱われているのも納得がいくが、本当のところはどうなんだ??

参考:
http://www.ohmynews.co.jp/news/20080201/20419
http://eco-one.net/2010/01/post_4.html
by katayama_t | 2008-03-24 22:15 | Social | Trackback | Comments(1)
ETC装着
泣く子と地頭には勝てぬ、というか、寄らば大樹の蔭、というか、
長いものには巻かれろ、ということでついにETCを装着した。

今まで、どうしてETCというのは設置するのに何万円もかかるのか、そのしくみがよくわからなかったのでざっと調べてみた。

装着には以下の物が必要になる

ETCカード
まずETCを使うにはETCカードというものが必要になる。
これはなんてことはない、銀行口座から引き落とすための個人情報がICチップに記載されているもの。これをETC本体に差し込んで使う。近頃ではレンタカーにもETCが着いているので、カードだけでも持っていればレンタカーでもETCが使える。
私は契約しているクレジットカード会社で作ってもらった(無料)。

本体
次にETCの本体が必要になる。各社からいろんな機種が出ているが、大きく分けてアンテナ分離型と一体型がある。一般的には分離型のほうが値段が高い。値段はずいぶん下がって5000円から10000円程度。

セットアップ
本体を買っただけではETCは機能しない。セットアップという作業が必要になる。セットアップは自動車用品店や修理工場のうち一部の認可されたところでのみ専用の機械を使って行うことが出来る。これによって装着する車の情報が登録されて、普通車なら普通車の、軽自動車なら軽自動車の料金が科されるしくみ。普通は3000円程度かかる。

取り付け
ETC本体やアンテナを車体に取り付ける作業。車から電源とアースをとり、アンテナを適正な角度になるよう取り付ける。普通は5000円から7000円程度かかる。

これら全てをセットにして自動車用品店などで申し込むのが一般的。で、結局何万円もかかってしまう。

この値段では取り付けは無理だ。問題はセットアップ。カー用品店ではセットアップのみではやってくれないらしく、全部抱き合わせてセットにした商売をしているようだ。そこで、セットアップのみをやってくれる店は無いのかと、さらに絞り込んで調べると、何かのキャンペーンと何かの補助金を利用して、本体とセットアップ料金を含めて500円という破格値をみつけた(笑)。
セットアップさえできていれば、あとは自分で取り付ければよい。
だいたいセットアップってのは機械で情報を入力するだけなのに、何で3000円もかかるのかわからない。これは絶対どこかの天下りのおやじの懐に入っているのだ。何もしなくても1台につき3000円ずつ入ってくるのだからボロい商売である。

さっそく注文したら1週間ほどでセットアップ済みの本体が送られてきた。代金引換手数料込みで500円。ホントに大丈夫なのか? 本体のメーカーは古野電気(株)。聞いたこと無いな、大丈夫か?と思って調べたらGPSとかレーダーとか、医療機器などハイテク機器を作っている会社だった。家電を扱っていないから知らないだけで、ちゃんとしたメーカーらしい。
d0094333_16101780.jpg


さて早速装着だ。

まずカーオーディオを取り外す。これも自分で着けたので外すのも簡単。
次に、電源ケーブルをカーオーディオのそれに抱き合わせて装着。
そしてアースを装着。
d0094333_16105168.jpg


ここまでやって、電源が入るかどうか試す。キーを回すとみごとランプが点灯した。
d0094333_16111711.jpg


オーディオを元にもどして、次はアンテナの装着だ。運転時にじゃまにならないよう、ミラーの死角に付属の両面テープで貼り付ける。そしてETC本体に接続。
本体を車体のじゃまにならない位置に、これまた付属の両面テープで取り付けて、ケーブルを引き回しておしまい。
d0094333_16114529.jpg


キーを回して、カードを入れると正常に作動した。全然問題ない。
d0094333_16123651.jpg


左ハンドルの車に乗っていて一番不便を感じるのは、追い越し時の対向車の見えにくさや、壁際に駐車したときの乗り降りのしにくさよりも、実は駐車場や高速道路での料金支払いだ。今まではいちいちサイドブレーキを引いて、シートベルトを外し、身を乗り出して料金を払っていたが、これでもうそんなことをしなくても良くなった。

なんとなく分不相応な気がするし、体制になびいているようで気が引けるが、経費500円ということで納得しようと思う。
by katayama_t | 2008-03-20 16:14 | Life | Trackback | Comments(3)
車には鍵をかけましょう
ラブ・サイケデリコ/GOLDEN GRAPEFURUIT

THE SOAP/My God,That Feels So Good!

コーネリアス/69/96

ジョン・ゾーン/水晶の夜

アーノンクール/モーツァルト:レクイエム

カヒミ・カリィ/I AM A KITTEN

Nik Bartsch´s Ronin/Stoa

Miles Davis/Kind of Blue

キング・クリムゾン/Red

他にも何かあったが、何があったのかわからない。

先日、車を一晩大学の駐車場に置いていたら、積んであったCDが一部盗まれた。普段から車に鍵をかけていない私が悪いのだが、どうして人のCDなんかを盗むのか理解できない。

幸いたいしたアルバムは含まれていないので良かったが、THE SOAPはちょっと惜しいかも(笑)。女の子中心のパンクバンドで完成されていない感じがスリリングでなかなか良い。

しかし、こんなものを盗んでいったいどうするのだろう?
傷だらけで売れるとも思えないし。聴くのか?

聴いていて頭が混乱するんじゃないか?
ノイズあり、クラシックあり、パンクあり、ジャズあり、プログレあり、この脈絡の無さは我ながらすごいと思う。

音楽のシュミって、案外その人の性質の核心部分が表れるのかもしれない。
この無節操な選曲をみるとそんな気がする。
by katayama_t | 2008-03-16 11:16 | Life | Trackback | Comments(2)
昨夜も飲んで帰れず
昨日は銀座で飲んだ。
三笠会館で行われたパーティーが終わったのが9時過ぎ、話し足りずに私を含めた3人の美術家で蕎麦屋で酒を飲みながら、話はだんだん個人的な深い話になっていった。

人の話というのは実際に体験した個人的なエピソードほどおもしろい。

今の世の中はどうだとか、こうだとか言ってもただのおやじたちの愚痴にしかならないが、個人的な話、普段他人には言わないような個の体験を聞くと、そこからおのずと今の時代や社会が見えてくるものだ。個人の話というのは個別の問題だと思いがちだが、実はそうじゃない。「個人的なこと」からしか、社会のリアルな姿は見えてこないのではないか、とさえ思う。

今60歳なのに家のローンがあと50年あるとか(笑)、日本にある資産を全部売ってスペインに行こうと思っている、とか、高校生の娘が妊娠して子どもを産んだ話など、もう10年も付き合いがあるが、初めて聞く話ばかりでなかなか楽しかった。

子どもの話をしていて、1つ解ったことがある。他人の子を育てる気持ちが理解できない、という人がいるが、そういう人は「個」に閉じていて社会性が欠如しているのだということだ。

子育ては個人的なことではなく、社会的な仕事だ。どういう子育てをするかというのは、どういう社会になってほしいのかという気持ちの現れなのだと思う。
by katayama_t | 2008-03-14 07:04 | Life | Trackback | Comments(0)
テリング
テリングというのは何かというと…、
以下環の会報告書巻頭文から勝手に転載

----------------------------------ここから
「テリング」とは子どもの大切なルーツを本人や関わる方々に年齢に応じて自分の言葉で思いやりを持って伝え続け、また子どもがどう受け止めているか、耳を傾け続けるものです。

「テリング」は子どもに信頼されている親だからこそ出来る大切なことです。
やがて、子ども達は自分のルーツを気にする年頃になります。乳幼児の頃は言葉で表現できなかったことも、表現していけるようになっていきます。育て親も共に成長し、産みの親の事情を理解したように、いつか、多くの人たちに助けられ、支えられて、存在していることを自覚するでしょう。

産みの親は命をかけて出産しました。子どもを大切に思い、幸せを願いながら、育て親に託す選択をしたことを、関わった方々一人ひとりが、理解するでしょう。私たちは「血を超えた絆」で結ばれた夫婦、親子、家族、子どもとの縁組、仲間とのあり方、生き方を模索し、皆で創造してゆかなければならないと思います。
----------------------------------ここまで

熊本慈恵病院の「コウノトリのゆりかご」に対する違和感は、子どもの人生をどうケアしていくかという視点が欠如しているところにある。たしかに命は救うだろうが、「子どものこれからの人生のために何をすべきか」という話は聞こえてこない。

施設で育つよりも、家庭で育つ方が幸せだとは、一概に言えない。と、乳幼児虐待のニュースに触れるたびにそう思う。
子どもの人生を考えることは、命を救うことと同じくらい重要なのではないだろうか?

話は、少し飛躍するが、ダムタイプのS/Nが、その主要メンバーである古橋さんのHIV感染という事実をもとに作られ、人と人との関係、性、愛と友情など、普遍的なテーマに至ったように、環の会は、「子どもとの縁組」のあり方を問うていった結果、それは結局、人と人との関係、愛、生き方など、全ての人に関係する普遍性のある問題なのだということがわかってきたのではないか、と思う。

かれこれ10年ほど前、初めて環の会のシンポジウムに行ったとき、「目からうろこが落ちる」とはこういうことか、と思った。そこには「育て親」と「子ども達」がごく普通にいて、新しい人間関係を模索し、実践していることのリアリティがあった。「人」というのは他人とこのような関係も築けるのだという、今にして思えばあたりまえのことに気づかされた。

環の会のシンポジウムは縁組に縁がない方でも、誰でも自由に参加できるので、「人」に興味のある方は行ってみることをおすすめする。
ちなみに私は当日カメラマンをしています。
by katayama_t | 2008-03-12 21:29 | Social | Trackback | Comments(0)
環の会シンポジウム案内
以下案内状からコピペ

----------------------------------
子どもとの縁組を考える
ー テリング「伝え続け、聞き続けること」 ー

 NPO「環の会」では、下記の通り、第32回シンポジウムを予定しております。
今回は、鎌倉女子大学講師富田庸子さんと環の会顧問で元・中京大学心理学部教授の古澤頼雄さんとに話題提供をお願いし、環の会の特色である「テリング」についてとりあげます。お二人が行っている環の会の育て親への数ヶ月間にわたるインタビュー調査(継続中)を通して、環の会を通じて子どもを迎えた家族の現在を紹介していただいた後、あらためてテリングの意義を考え、親子・家族の姿を見つめ直す機会としたいと考えています。



日 時: 2008年3月23日(日) 13:00〜17:00(受付開始12:30)

講 師: 鎌倉女子大学講師 富田庸子(とみたようこ)さん
     環の会顧問 元・中京大学心理学部教授 古澤頼雄(こさわよりお)さん
     
*講演に引き続き、環の会の育て親家族を交えたパネルディスカッションを予定しています。


参加費: お一人 1500円  ご夫婦 2500円
*できるだけ釣り銭のないようにご用意ください。

場 所: 新宿区 落合第一地域センター 4Fホール
     東京都新宿区下落合4−6−7
     西武新宿線下落合駅(各駅のみ停車)下車、徒歩5分
*場所についてのお問い合わせは環の会事務局まで
お願いします。

主 催: 特定非営利活動法人(NPO法人) 環の会

参加申込先: 環の会事務局 〒161-0033 東京都新宿区下落合4-14-13
TEL 03-3951-7270 FAX 03-3951-9495

◎準備の都合上、3月20日(金)までに、氏名(参加者全員分)、住所、連絡先、保育の必要の有無(子どもの名前、年齢)を明記の上、郵送、電話、FAXまたはE-MAILにて環の会事務局宛にお申し込みください。

*当日、小学生を含む保育は、別室にてボランティアスタッフが担当してくださいます。専門ではいため、その事情をご理解の上、ご自分のお子さんに対しては一定のご配慮をお願いします。
*会場のセンター内は、3F共有スペースを除き、原則として飲食禁止になっておりますのでご留意ください。
----------------------------------
by katayama_t | 2008-03-12 21:28 | Social | Trackback | Comments(0)
JDNギャラリー
こちらに私の紹介が載りましたのでお知らせします。
ウェブスカイドア現代編
by katayama_t | 2008-03-11 23:56 | Art | Trackback | Comments(0)
真・行・草
今日は雨。
アメリカに住むピートから、数ヶ月前に[「美」って何でしょう?]というタイトルのメールが来て、少しずつメールのやりとりをしている。
私は当初その質問には答えられる、と思っていたのだが、書き始めると堂々巡りで言いたいことがうまくまとまらない。「美」の周辺のことは書けても、「美」とは何か、となると意外と難しいものだ。
でも、これは重要な問題だから少しずつでも解ったことを文章にしていこうと思う。

ピートも自分なりに文章にまとめているようだが、外国人ってのは、時々日本人よりも日本のことを知っているので驚く。
今日のメールの一節には、次のようにある。

-------------------------
日本は美にたいしての説明で使う言葉がなかなか上手と思う。
例えば 真 行 草 とか。
因に日本に住んでいる一般現代人は真ー行ー草っていうのは分かりますか?
-------------------------

って、そういう君はどうしてそんなことを知っているのだ??(笑)
一般現代人がそんなこと知っているわけないじゃないか。

真 行 草 って書くとピンとこない人でも、「楷書(真)」「行書」「草書」と書けば何のことかわかるだろう。そう書道だ。中国では「真」が最も価値のあるものとされているのに対し、日本では「草」が重んじられる。平安時代の古筆をみると、楷書は格式が高く姿勢を正すような感じがするのに対し、草書の流れるような美しさにはうっとりする。特にひらがなは、絵のようで見ていて飽きない。

茶室や建物を造るときには、この 真 行 草 ってのがバランス良く入っていると深みのある成熟した美しさが出る。真だけだと堅苦しくなるし、草だけでは落ち着かない。
バランスが大事だ。
こういうことは美術作品を作るときにも当てはまる。直線的でゆるぎない形は「真」で、自由でのびのびしている形は「草」だ。そしてこれらがバランス良く入っているとそこに芸術性を感じるようになる。

なるほど日本には、こういうことを言い表すための専用の言葉があるってのは、面白い。
Hard , Medium , Soft じゃ、味気ないもんな。
d0094333_12432760.jpg

梅が満開だ。梅が終わるといよいよ桜が咲く。
by katayama_t | 2008-03-10 22:37 | Art | Trackback | Comments(0)
ニュートン・ウイルス
Oh Noooo!!!
これ笑える。
Newton Virus

デスクトップ上のアイコンが重力によって崩壊、落下するというプログラム。MacBookには落とした時に、ハードディスクをロックさせるための重力センサが内蔵されていて、どうやらそれを利用しているらしい。

youtube上で、これはどこで買えるのか、とか、このプログラムはどういうしくみなのか、とか、これはプログラムではなく単なる動画ではないのか、とか、いろいろ議論が巻き起こっているが、いずれにせよ、すごいアイデアだ。

d0094333_139895.jpg
by katayama_t | 2008-03-10 13:09 | Art | Trackback | Comments(0)
味噌つくり
今日は恒例の味噌作りの日。普通味噌はカビの生えにくい寒い季節に仕込むが、象山式なら春に仕込んでも大丈夫。

15キロの大豆を水洗いしてから鉄釜に入れて茹でる。
大豆はあらかじめ水で戻さなくても、火力が強いのであっという間に茹で上がる。

昼間の内に大豆を茹でておいて、子どもを寝せてから始めたら、夜の11時過ぎまでかかってしまった。夜の作業は疲れる。子どもがもう少し大きくなって手がかからなくなったら昼間の内に終わらせたいものだ。
d0094333_0161437.jpg

by katayama_t | 2008-03-09 23:57 | Life | Trackback | Comments(4)


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile