Katayama Takatoshi Weblog
<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
搬入、そして個展初日
d0094333_816076.jpg
27日(金)に搬入して昨日28日(土)に初日を迎えた。
作品はたくさん持って行ったのだが、最終的に展示作品を6点にしぼった。もしかしたら見る人は点数が少なく感じるかもしれないとも思ったが、中途半端なことはせず、空間が綺麗に見えるような展示を心がけた。
こういう見せ方がわかる人は必ずいるはず。

結果的にはそれが良かったようだ。空間がキマッていると言ってくれる人もいたし、自分でも今までなかなかできなかったようなスキのない厳しい空間ができたと思う。
旧作だけだから以前の展覧会で作品を観た人達に案内状を出すのを躊躇していたが、逆に旧作だからこそ、作品点数を絞って良い展示が可能になったのだと思う。新作の展示になると、作ったものをできるだけたくさん見せたいという気持ちも働いて、ごちゃごちゃとつまらない展示になりがちだ。

いつも見てくれている人には、今からでも案内状を送付することにする。
今回のは我ながら良い展示だと思う。

初日はオープニングにたくさんの人が集まって盛況だった。こんなにオープニングらしいオープニングというのは初めてで、とても楽しかった。
d0094333_817565.jpg

邦楽(長唄)の演奏がすばらしかった!
by katayama_t | 2008-06-29 08:19 | Art | Trackback | Comments(2)
明日(今日)搬入
明日朝から搬入だというのにまだ準備が終わっていない…。
大学で職業のほうの仕事が夜10時までかかり、それから自分の仕事にとりかかったのでまだ2時間しかやっていないが、朝から働き詰めなので今日はもう寝て明日の早朝から残りをやることにする。
d0094333_0275074.jpg
いつも搬入してみないとどの作品を展示することになるのか確定しないので、プライスリストは搬入後にしか作れない。今回は搬入の翌日にオープンなのでその辺がちょっときつい。

しかし、個展前というのは疲れを知らない。以前は夕食をとるのも忘れて気がついたら夜が明けていたなんてこともあったが、何か覚醒作用のある物質が身体のどこかで生み出されて脳に作用しているのかもしれない。
by katayama_t | 2008-06-27 00:30 | Art | Trackback | Comments(0)
遅ればせながらiPhoneについて
d0094333_19212923.jpg
7月11日にiPhone3Gが世界同時発売される。
すでに高機能携帯が主流の日本では売れないだろうとの見方もあるが、国内だけに展開している日本の携帯は、世界展開するiPhoneの登場でかなり厳しい状況になるのではないだろうか。

iPhoneというと洗練されたインタフェースに目が行きがちだが、それだけでは確かにそれほど驚異ではないかもしれない。でもインタフェースの革新性よりも驚異なのはiPhone発売と同時にサービスを開始する mobile me と App Store だ。

私は今までMacに付属していたカレンダーやアドレスブックは今ひとつ使う気がしなかった。なぜかというと、カレンダーはパソコン画面に向かっている時にだけしか活用できないし、アドレスブックは別のソフトを使っても良いからだが、mobile meというサービスはMacやpcとiPhoneを自動的に(プッシュで)同期させて全ての情報を共有できる。iPhoneを持ち歩けばMac内にあるアドレスブックやカレンダーやiTunes、Photoギャラリーなどをいつでもどこでも活用することが出来るのだ。それも自動で更新してくれる。

それに、メールアドレスは.macのアドレスがそのまま使えて、プッシュ式(メールが入ると自動的に受信する)になる。
携帯電話のメールは全てプッシュ式なのでとても便利だが、Macと同じアドレスのメールがプッシュで使えるようになるのだ。

これは将来的に他の携帯電話キャリアからもiPhoneが発売されるようになれば、メールアドレスも電話番号もそのままでキャリアのみ変更することが可能になるということだ。

今まで.macのサービスを利用してきた私のような者には、これだけでもとてつもなく魅力的だが、それだけではない。それに加えてApp Storeというサービスを開始する。これはiPhone上で動くアプリケーションをオンラインで売るサービスで、言ってみればiTunesミュージックストアのアプリケーション版だ。しかもそのアプリケーションは専用のツールを使って誰でも作ることが可能。自分が作ったアプリケーションをオンラインで世界中に売ることもできる。ここまでやられては国内だけにしか需要がない日本の携帯電話各社はかなり苦戦するだろう。勝敗は最初から見えているようなものだ。

iPhoneのコピーが他社から登場しても、遠く及ばないだろうと思う。
韓国のサムスンが最近そっくりな携帯を発売したが、しかしここまでそっくりに作ってよく恥ずかしくないものだ。
by katayama_t | 2008-06-24 19:10 | Life | Trackback | Comments(0)
洞爺湖サミット
先進国の首脳が集い、トップダウンで世界の動向を決めていくというG8洞爺湖サミット(主要国首脳会議)って、権力を持った金持ちが集って既得権を守るために世界をどのように支配していくべきか、と話し合うようなものだろうな。と思っていたが、そう思っている人はたくさんいるようで、各地でサミットに反対するイベントが催されるようだ。

G8サミットを問う連絡会 http://www.jca.apc.org/alt-g8/
G8対抗国際フォーラム http://www.counterg8forum.org/

特にこのG8対抗国際フォーラムというもの、アート&アクティビズムとか、地下大学とか、かなり刺激的な内容。

「高等教育」の項目から
-------------近代の大学の概念はカントに遡り、国連の構想と同じ起源をもつ。それゆえ大学はドメスティックな存在であると同時に、まがりなりにも人権思想に根ざす国連の諸決定を参照してきた。だが、いまや先進国の主要な大学は、みずから進んでサミット体制に組み込まれようとしている。それは大学が高等教育の無償化をめざす国連の枠組みから離脱し、教育の商品化を推進するWTOの教義と結びつくことを意味する。
-------------

なるほど。そうか。ドイツでも最近は学費を徴収するようになったらしいが、日本の学費の高さとは比べようもない。日本では高等教育どころか初等教育にも格差が広がりそうだ。

行ってみる価値はありそう。
by katayama_t | 2008-06-18 07:08 | Social | Trackback | Comments(0)
個展案内
急遽個展をやることになった。
上野毛にオープンするギャラリーのオープニング企画で、約2週間。
急に決まったので新作は2点のみであとは手元にある作品から選んで展示する予定。都内で行う個展に旧作を出すのは初めてだが、場所も遠いし案内状も出さないので、まあいいか、と。
近くにお住まいの方は立ち寄ってみてほしい。
私はオープニングと搬出の時には必ずいる。それ以外の時には連絡をくれれば行くように努力する。
d0094333_10315398.jpg

by katayama_t | 2008-06-17 06:40 | Art | Trackback | Comments(0)
芝張り
d0094333_15553473.jpg
先日設置した種シートから草が生えてきた。専用の商品だけあって、さすがに発芽率が高い。

この週末は道路際の斜面に芝を途中まで張った。カインズホームで1束10枚単位360円の高麗芝を50束買って来て、妻と2人で張った。
張り方も全然知らないのだが、なんとなく煉瓦積みで目地を切っている映像が浮かんできたのでそのようにしていると、隣の家のおばあちゃんが、
「目地は後で埋めるんですか?」と聞いてきた。
それを聞いて「そうか、目地は埋めるのか。」と思い、「はい、そうします。」と答えて、作業を続けていると、次は「目地は3センチ以上空けるとダメですよ。」とか、「形が合わないところは包丁で切って合わせると良いですよ」とかいろいろと教えてくれる。しまいには、見ていられないのか「お手伝いしましょうか?」などと、言われたが、それはさすがにお断りした。もう80過ぎのおばあちゃんだ、半分ほどの年齢の私たちが、そんなお年寄りに手伝ってもらうわけにはいかない。

となりのおばあちゃんだけでなく、道行く車も速度をゆるめて眺めていくし、道行くおばあちゃんたちは立ち止まって話しかけていく。
どこから来たのか、とか、いつ家を建てるのか、とか、どこの大工に頼むのか、とか、このごろは定年後に都会から移り住む人が多い、とか。
そのたびに手を止めて話をするのだが、こういうところで仕入れる情報はけっこう有用なことが多い。どこの小学校は評判がいいとか、どこの土地はだれのものであるとか。こういう繋がりから畑や田を借りることができる場合もある。

2日かけて300枚ほど張ったが、だんだん疲れてきて2日目は早めに切り上げた。
適度に雨が降ってくれればよいのだが、雨が必要な時には日照りが続くものである。せっかく植えた芝が枯れないように、朝、家から水を運び、芝に水を撒いてから仕事へ向かう。
by katayama_t | 2008-06-16 06:54 | Construction | Trackback | Comments(0)
“モンサント”の世界戦略
6月14日(土)BS1でモンサント社のドキュメンタリーフィルムが放送されます。
遺伝子組み換え作物で世界一のシェアを誇るモンサント社について、フランスのジャーナリスト、マリー=モニック・ロバン(Marie-Monique Robin)が、3年かけて調査した結果を「ドキュメンタリー・フィルム」にまとめたもので、フランスでは今年の3月にテレビ放映されて大反響を巻き起こしているようです。

モンサントについてはその悪行がいろんなところで取りざたされていますが、こうしてしっかりと取材した結果がまとめて見られるのはありがたい。
世界的な食糧危機の今、必見だと思う。

-------------------
アグリビジネスの巨人 “モンサント”の世界戦略 前編
6月14日 (土) 午後7:10~8:00
フランス政府が遺伝子組み換え作物を禁止する検討を始めるなか、世界最大のシェアを誇るアメリカ・モンサント社の歩みを、企業側の説明と批判的な科学者の声を両論併記しながら検証したドキュメンタリー。前編は、米食品医薬品局FDAが栽培植物の遺伝子組み換えを認可したプロセスを調べていく。

アグリビジネスの巨人 “モンサント”の世界戦略 後編
6月14日 (土) 午後8:10~9:00
フランス政府が遺伝子組み換え作物を禁止する検討を始めるなか、世界最大のシェアを誇るアメリカ・モンサント社の歩みを、企業側の説明と批判的な科学者の声を両論併記しながら検証したドキュメンタリー。後編では、同社が世界各国で自社の遺伝子組み換え種子を販売することで、たとえばトウモロコシの原産国メキシコで地元農民が育ててきた原種にちかい品種が絶滅の危機に直面するなど、各国の農業や食文化に多様性が失われつつある現状を描いていく。

http://www.nhk.or.jp/wdoc/yotei/index.html#080614a
-------------------
by katayama_t | 2008-06-11 22:43 | Social | Trackback | Comments(0)
緒方敏明展
緒方敏明展に行った。見たことのある顔がたくさんあって盛況でした。作品の質はとても良い。
d0094333_942195.jpg

by katayama_t | 2008-06-09 21:00 | Art | Trackback | Comments(2)
種シート設置
土地は造成がほぼ終わったのだが、雨が多く、崖が崩れるので土留め用に生分解性の種シートを買って設置した。シートの中に雑草の種がたんまりと入っている。
割り箸を途中まで折って留め具にし、風で舞わないように留めていく。上から下まで約15m。けっこうしんどい。
d0094333_21231184.jpg

by katayama_t | 2008-06-01 21:23 | Construction | Trackback | Comments(2)


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile