Katayama Takatoshi Weblog
<   2010年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
床のワックスと祭りの季節
1階部分の床は全て貼り終えたが、貼った先から子ども達が汚していくのでワックスをかけることにした。お金がないので一般的な白木用ワックスにしようかと思っていたが、ロイヤルホームセンターへ行くと白木用のワックスはオスモカラーのものしか扱っていない。またの機会にしようかと帰りかけたのだが、よく考えると1階部分の床は食べこぼしを拾って食べたり、寝転んだりすることもよくあるので、自然素材のものが良い。自然素材と言えばやはりオスモカラー。オスモカラーの信頼性は抜群だ。…ということで、「エイヤッ」と奮発して買ってしまった。2.5リットル入で22800円也。高!! 翌日カインズホームへ行ったら数千円安く売っていたのを見て力がぬけたが、まあ良い。物事には勢いというものがある。
d0094333_2229051.jpg
道具類を片付け、掃除をして、乾いたぞうきんにワックスを取り、床に刷り込む。ワックスは秋の蜂蜜くらいの堅さで扱いやすいが、思いの外木材に染みこんでいくので、塗り延ばすのに結構力がいる。
d0094333_2229249.jpg
1度塗りをした後、壁板を買いに江澤木材へ行った。ここの社長は休日も休んだことが無いというくらい仕事好き。会う度に「もうだいぶできた?」「楽しいでしょう!」と声を掛けてくる。そういえば、ものづくりに関わっている人はニコニコしながら「楽しいでしょう?」とか「いいなあ」とか言うが、自分でものを作らない人は、気の毒そうに「大変でしょう」とか「どうして?」などと言う。それを見て逆にその人のことが気の毒になるが、でもそう言ってくれる気持ちも分からぬではない。他にもいろいろ仕事があるのでとっても忙しいのだ。作業自体はとても楽しいし、時間が許せばずっと作り続けていたいが、単純に「楽しい」と言えないくらいたくさん仕事を抱えている。その結果どれもこれも中途半端で、どれもこれも不満。忙しさだけが残る。やれやれ、なんというつまらぬ生活。
d0094333_22301115.jpg
2時間置いてからもう一度塗ると品の良い艶が出てなかなか良い感じに仕上がった。
d0094333_22302883.jpg

帰りに大多喜の街中で御神輿に出会った。沿道に人がまばらというのは淋しいが、こういう行事には結局1度も参加しないまま大多喜を去ることになりそうだ。月1回のペースで開かれている部落の集会にも5年間いて結局1度しか出なかった(ああ、なんという付き合いの悪いヤツだ!)。もっと落ち着いて土地に根ざした暮らしがしたいものである。毎日往復100キロ以上車で走って通勤なんてどう考えてもバカげている。
by katayama_t | 2010-09-26 22:32 | Construction | Trackback | Comments(0)
いつ終わるともなく
d0094333_18171776.jpg

「もう住んでいるんでしょ?」とよく聞かれる。
しかし、実はいつ住めるようになるのか、まだ見当もつかない。

自分で家を作るってのは、思ったよりも金と時間がかかるのだ。もっと安く、速くやる方法はいくらでもあるし、業者に任せてしまえば見えない箇所は安い材料で簡単に仕上げて、接着剤を多用して、表面は綺麗に仕上げ、見栄えを良くして、20年持てばOKとしてしまうだろうところも、自分でやるとなるとそうもいかない。
そりゃそうだ、20年後に補修、40年後に建て替えなんてゴメンだ。その頃には死んでるだろうけど。

自分が生きている間だけ建っていれば良いという考え方もあるだろうが、私はそれでは嫌なのだ。この世の中に何かを産み出すのなら、それは世の中を良くするものでなければいけないと思っている。すぐにゴミとなってしまうような物を作るわけにはいかない。「作品」と同じように「家」として自立した物を作りたいと思っている。

50年後、100年後のことを考えると、できるだけ長くもつような材料を使いたいし、施工をしたい。とは言っても、私ははっきり言って貧乏である。腐りにくいしっかりした良い材料を使いたいと思うが、そうもいかない場合も多い。どこで妥協するか常に葛藤しながら作っている。

とりあえず、今年中に引っ越しは無理な予感。
ネックは電気だ。壁を貼らなければコンセントがつけられず、コンセントをつけないまま電気を流すのは、配線が剥きだしのままなので非常に危険である。
ということは、急いで壁を貼らなければならないが、壁を貼るためにはまず床を貼らなければいけない。つまり、ほぼ完成させなければ引っ越せないということだ。…。

当初は住みながら壁を貼ればいいや、と思っていたが完全に誤算だった。というわけで、ほぼすべての事が思うようにいかない。まあ、それが人生というものか。
by katayama_t | 2010-09-22 18:18 | Construction | Trackback | Comments(0)
奈落で匍匐(ほふく)前進
d0094333_23513630.jpg
今まで階段と床との接地面を何も留めていなかった。要するに階段は途中の柱に留めただけで、上り下りしていた。
ずっと暑かったからツナギを来て下に潜るのを躊躇していたのだが、もうすっかり秋の気配がしてきたので今夜意を決して潜った。
d0094333_2352505.jpg
久しぶりの床下はやはりとっても動きにくい。ハイハイするほど高さは無いので、這いつくばって進む。目的の階段下までやってきて、ビスを打ち込むも、1本打ったところでお決まりの電池切れ(笑)。バッテリーを取りに一度地上に戻り再び奈落へ。
d0094333_2353391.jpg
d0094333_23531736.jpg
90mmのビスをしっかりと打ち込み、ついでに電気配線の確認をしているとだんだんと床下が心地よくなってきた。外界から遮断されたような狭くて暗い場所は妙に落ち着く。しばらく横になって外の音に耳を澄ましていると、この世界の外に出てしまったような不思議な感覚に襲われる。そしてしだいに緊張がほぐれていくのがわかる。

時々はこうして奈落に潜るのも良いな。自分を見失いそうになった時など。
by katayama_t | 2010-09-15 23:59 | Construction | Trackback | Comments(0)
風呂場作業開始
風呂場の床下を作っている。
こういう場合普通はどうするのか、どうすれば良いのかまったく知識が無いが、要は給排水が出来て湿気が風呂の外へ漏れなければ良いということだろうと思うので、自分で構造を考えた。
d0094333_2225839.jpg
まず給水管と排水管を敷設して、床下に木材を組み、床と壁にベニヤを貼り、その上にFRP。そしてラスメタルを貼り、モルタル+タイル。天井はプラスティック板。という仕様にするつもり。
d0094333_2233970.jpg
バスタブからの排水は外に漏れないようにゴムのパッキンを使ってピッタリと合わせることにした。あちこちでちょうど良いものが無いかといろいろ物色した結果、「防臭キャップ」という商品名で売られているものが、バスタブの排水出口と40mmの配水管にちょうどうまくはまるようなので購入。この商品、台所のシンクからの排水に使うためのものらしいが、使える物は何でも使う。
d0094333_224577.jpg
床下の木材と給排水管が干渉しないようにうまく通り道を確保する。

d0094333_2251483.jpg
見よ、このアクロバティックな配管を!
by katayama_t | 2010-09-13 22:07 | Construction | Trackback | Comments(2)
電気配線終了
ようやく電気配線が全て終わった。
間違いは無い自信がある。
使った電線の長さは500m超。内訳は、VVF2.0/2芯:250m VVF1.6/2芯:200m VVF1.6/3芯:70m という感じ。
d0094333_22362375.jpg


3路スイッチの配線が一番手間どったが慣れてしまえばどうということもない。
d0094333_22365366.jpg
d0094333_2237488.jpg


フロアコンセントも難なく取り付けられた。
d0094333_2238266.jpg
d0094333_22381853.jpg
d0094333_22383343.jpg
d0094333_22384661.jpg
d0094333_22385816.jpg
d0094333_22391738.jpg
d0094333_22392727.jpg


次はいよいよ一番の難関「風呂工事」だ。現場でじっくりとプランを練ることにする。
by katayama_t | 2010-09-08 22:42 | Construction | Trackback | Comments(0)
ぼくらが旅に出る理由 ー瀬戸内国際芸術祭編ー その1
実に久しぶりに旅行というものをした。これはその記録である。
d0094333_15263261.jpg

by katayama_t | 2010-09-04 10:04 | Art | Trackback | Comments(0)
ぼくらが旅に出る理由 ー瀬戸内国際芸術祭編ー その2
d0094333_15532573.jpg
d0094333_15534262.jpg
d0094333_15551479.jpg
女木島の展望台まで歩いて汗だくになった後の洞窟はヒンヤリ気持ちいい。洞窟の中には鬼や桃太郎のくだらない張りぼての合間に金網で人体を象った彫刻作品があった。

d0094333_15554728.jpg
女木島マグリット

d0094333_23464821.jpg

d0094333_15563939.jpg
大竹伸朗の「I ♡ 湯」は普通に銭湯として人気

d0094333_15592459.jpg

by katayama_t | 2010-09-04 10:02 | Art | Trackback | Comments(0)
ぼくらが旅に出る理由 ー瀬戸内国際芸術祭編ー その3
d0094333_17211695.jpg
d0094333_16263982.jpg

地中美術館までの道中には野外彫刻が点在している。
d0094333_16275239.jpg
d0094333_16272961.jpg
d0094333_1628692.jpg
d0094333_1628252.jpg

d0094333_16292971.jpg


お昼ご飯は「あいすなお」という定食屋さんで自然食ランチ。すばらしい。
d0094333_16285436.jpg

d0094333_1630876.jpg

by katayama_t | 2010-09-04 10:01 | Art | Trackback | Comments(0)
ぼくらが旅に出る理由 ー瀬戸内国際芸術祭編ー その4
d0094333_16333536.jpg
d0094333_16334781.jpg

…旅行中の日記はここまでなので、あとはいつもどおりmacで打ち込む。
d0094333_1643588.jpg
ボルタンスキーの作品「心臓音のアーカイブ」は世界中の同プロジェクトで採取した人々の心臓音を真っ暗な部屋の中で流し、音に合わせて裸電球が明滅するというインスタレーション。1500円払えば自分の心臓音もメッセージ付きで登録でき、収録したCDももらえる。
d0094333_171524.jpg
d0094333_1721051.jpg
心臓音を収録してその場でアーカイブに登録し、CDに焼いて渡すというのはデジタル技術がここまで発達して可能になったことだが、作品自体は、登録者が紙に書いた手書きサインや裸電球などを効果的に使ってアナログな感じに仕上げている。そのあたりのバランスがとても良い。


d0094333_176799.jpg
目の前の海が天国並みに美しい。行ったこと無いけど。


同じエリアにオラファー・エリアソンの作品(以前原美術館で見た同じもの)もあったのでざっと見てからバスで移動。他の作品も見て回りたかったが、今日中に千葉へ帰るにはもう時間がないので断念。

d0094333_16463269.jpg
トマソン@豊島


それにしても、豊島のバスはすばらしい。観光バスのように運転手さんのおしゃべりで楽しく過ごし、途中写真スポットでは止まるし、歩いている人を見かけるとバス停など関係なく停車して乗せていく。しかも無料! 食べ物も安くて美味しいし、島民も気さくで感じがよい。そういえば港で荷物を預けるのも無料だった。何度でも言おう「豊島は素晴らしい!」

もっと滞在したい気持ちを残しながら14時のフェリーで豊島を後にし、直島宇野港経由、特急バスで岡山へ。思いの外乗り継ぎが良く20時30分頃千葉へ到着。

d0094333_1710479.jpg
ましてーリェフ号


旅行中「豊島」という地名に聞き覚えがある、どこで聞いたのだろう? と思っていて、今この文章を書きながら思い出した。10年ほど前、豊島は産廃の島として大々的に報道されていたのだった。数十トンもの産業廃棄物が積み上げられ、カドミウムやダイオキシンなど化学物質で汚染された島。処理の見通しもまったく立たないというようなショッキングな内容の報道だったように記憶している。

島の印象はまったくそういうことを感じさせないものだったが、少し調べてみると、あれからずっと処理をしつづけていて、おそらく今もやっているようなのだ。

豊島産廃問題の現状については林将之さんの素晴らしいブログが簡潔でわかりやすい。
http://d.hatena.ne.jp/conokix/20080825

不覚だった。報道ではわからない日本最大の産業廃棄物問題の実情を知る良い機会だったのを逃してしまった。

しかし、豊島にはまた行くだろうと思う。次は直島ではなく豊島に滞在してもっとゆったりとした気分で周辺の島々を見て回りたい。予定も立てず気楽に自転車+テント泊が一番いいのだろうな。何度でも訪れたいと思うほど瀬戸内の島は魅力的だった。
d0094333_16534417.jpg


今回の旅行で思った。ぼくらはこうして時々旅に出なければいけない。理由などいらない。
by katayama_t | 2010-09-04 10:00 | Art | Trackback | Comments(2)
新幹線の車窓から
直島へ向かっている。
今日から二泊三日で瀬戸内国際芸術祭を見て回る予定。直島には7〜8年前に一度来たので、今回で2回目。大地の芸術祭「越後妻有トリエンナーレ」がまあまあ成功して、各地で芸術祭が催されるようになったが、直島を中心にこの手の芸術祭が行われるとなると、それはもう別格である。

美術館以外の場所で、地域に根ざした常設展を行うという、未知の試みを最初に行ったのが直島だからだ。それだけに今回は期待が高まる。
by katayama_t | 2010-09-01 07:48 | Life | Trackback | Comments(0)


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile