Katayama Takatoshi Weblog
<   2018年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
いつのまにか人混みが嫌いになっていた
友人の田内マリオさんが六本木で開催中の個展でアーティストトークをするというので、上野の藝大卒展をチラ見してから行ってきた。日曜に都内に出ることは滅多に無いので今まで気づかなかったが、私は人混みがすっかり嫌いになっていた。道を歩いていても、電車に乗っても人だらけでとても疲れる。高校を卒業して東京に出てきた頃を思い出した。あの頃も、人混みに慣れず、新宿や渋谷などに出るとすっかり疲弊して心が荒んでいた。やがてそれを避けるために「人を見ない」で歩くという方法を編み出したのだが、それは疲弊しない代わりに人を人として見たり、人の心を思いやったりという心を無くしていく。

マリオさんのトークは、短時間だったこともあり、聞きたいことを聞くことがなかなかできなかったが、それでも収穫はあった。絵を描き始めたきっかけとして、重い精神的なストレスを抱えていた頃に、自分をケアするために描き始めたと言っていて、今まで聞いていたことではあったけれど、改めて自分を振り返りながら聞くと、やはり何かを生み出すということは、自分をケアすることになるのだと改めて思った。何か精神的なダメージがある時には何か作っていないと生きていけない。

それはともかく、自分が聞きたかったことは、絵の解釈の話ではなく、もっと具体的な絵の成り立ちだ。今度会った時には、画材は何を使っていて、それはなぜか、どのような描き方をしているのか、どの程度の構想があって描き始めるのか、どのくらいの時間をかけるのか、描くときには何を考えているのか、などといった具体的な絵の成り立ちの話が聞きたい。コンセプトというのは後から作者が自作を解釈したものであるため必ず作り事があるが、絵の具体的な成り立ちの中には作者が考えたり感じたり、実際に試したりしたことのみがあり、解釈の入り込む余地が無く、そのほうが作品の真実に近いのではないかと思う。

帰りの電車で田内志文さんから送られた翻訳書「ギデオン・マック牧師の数奇な生涯」を読了。上手く言えないが、人生のすべてが詰まっているような小説。物語が深すぎて今はこれ以上語るべき言葉がみつからない。どうやったらあんな物語が描けるのだろう。

写真は最近描いている日記。画材は赤ワイン。
d0094333_22084375.jpg


by katayama_t | 2018-01-28 22:06 | Life | Trackback | Comments(0)
HOSHI NO KIOKU
2017年12月に巷房2でカシワイさんとセッションした展覧会「HOSHI NO KIOKU」。写真家の前田立さん http://ryumaeda.com/ が撮影した動画をこちらに上げてくださいました。観に来てくれた方も、見逃してしまった方も、臨場感のある良い動画となっておりますので、ぜひご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=IzjjwOK4uCA&feature=youtu.be
by katayama_t | 2018-01-26 16:59 | Art | Trackback | Comments(0)


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile