Katayama Takatoshi Weblog
<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
桜の花が咲き出した
d0094333_14433323.jpg

先日めまい発作で倒れたことを、ありがたいことに職場の皆が心配してくれていろいろとサポートしてくれた。自分がやらねばならない仕事もあっという間にやってくれていて、なんというか、感謝しか無い。人の好意を感じられるとずいぶんと気持ちが楽になる。次に誰かが困っていたら自分に出来ることは何でもしようと思う。でも相手が誰でもサポートしたいと思うかというとそうでもない。やはりサポートしたいと思う人と、あまり関わりたくないと思う人はいる。

その違いは何かというと、一言で言えば権威主義的かそうでないかということだと思う。やたらと偉そうで、役職や年齢の下の人に命令したり、人が自分のために何かをして当然だと思っている人は時々いる。実際に年齢や役職が上ということではなくても、自分を過大評価して勘違いしている人や、自分の得になることしか考えていなくて、権威に擦り寄るような人もいる。そういう人が困っていても手を差し伸べる気が起きない。

その逆にどんなに社会的立場が上の人であっても、それをまったく感じさせない人もいる。大人になる前にそういう立派な大人に出会えたことで、自分の人生は大きく変わったような気もする。

自分の中の“そういう立派な大人”の筆頭は大学時代に出会った三木成夫先生だ。私が難儀な病気を患って、思うように制作ができず悩んでいた時に相談に行ったら、子どものような純真さ(子どもが純真かどうかは置くとして)で気持ちにより添い真っ直ぐに話を聞いてくれて一緒に涙を流してくれた。

三木先生は自分よりもずいぶん年上だが、年齢の違いなどというものをまったく感じることは無く、人と人として接してくれた。こういう人に出会えたことで自分を認めることができてずいぶんと生きやすくなった気がする。

人の本質は年齢や性別、国籍、肌の色などで左右されない。「年上を敬う」ということは美徳のように言われるが、敬うのは年上だけではなく、年下であっても一人の人間として尊重すべきなのだ。もちろん性別や人種なども同じ。ましてや社会的立場などまったく関係ない。

人への接し方を年齢や性別、国籍、肌の色などで変えないとしたら、どういう基準で人とのつきあいをすれば良いのか。その人物が権威主義的でないか、あるいは尊敬できるかどうかで判断する? それも息苦しい。人間はそんなに単純ではないと思う。

身も蓋もないが、結局は人との関係は合うか合わないか、好きか嫌いかだけなのではないかと思う。自分は権威主義的な人とはどうしても馬が合わない。子どもの頃からそうだったからこれはもう変わりようがない。しかし、何にでも慣れてしまうのもまた人間だ。自分が権威を持つとそれに慣れてしまうということも起こりうる。ある程度年齢が上がり、社会的にも認められてくると、自分は立派な人間だと勘違いしてしまうということは充分考えられる。そういう罠に陥らないように気をつけなければいけないと思う。

最近よく話題になる「MeToo」や「WeToo」の運動で、ハラスメントを受けた多くの人が声を上げ始めている。そして権威を持った多くの著名人が過去の過ちを謝罪することになった。この人たちも人々にちやほやされていい気になってしまっていたのだろう。自分の地位や持っている力が人に与える影響を正しく認識できずに自分が人よりも上になったような気がしてしまったのかもしれない。いずれにせよ地位や名誉などには極力近づかないのが吉だ。


by katayama_t | 2018-03-22 23:00 | Life | Trackback | Comments(0)
シフトチェンジ
d0094333_20510237.jpg

3月14日の夜、何を思ったのか酔った勢いで突然amazonのレビューを立て続けに5本書いた。

これだ

 ↓

https://www.amazon.co.jp/gp/profile/amzn1.account.AEH63OPRM3EVQJBXUJZKGNW44WZQ/ref=cm_cr_srp_d_pdp?ie=UTF8

そしてその翌朝、突然激しい回転性の目眩に襲われて倒れ、人生で2度目の救急搬送(1度目は中学生の頃、歩道に車が突っ込んできてはねられた。スローモーションで宙を舞ったのを覚えている)。胃液をすべて吐いて、吐けるものが無くなってもまだ吐いた。目を開けるとグルグルと世界が回っていて吐き気がするので目を固く閉じたまま点滴を2本打たれ、脳のCTを取り、8時間ほど経ってまだ目を開けられないもののようやく車椅子での移動ができるようになり、夕方家に戻って自宅療養。次の日には壁につかまりながらも自分一人で動けるようになり、昨日から普通の生活に戻ってお酒を飲んだ。脳には異常が見つからなかったので、今日は耳鼻科に行き、内耳と聴覚の検査。結局原因は特定できず……(むしろ人よりも耳がいいらしいことが分かった笑)。目眩の原因というのは様々考えられ、原因が分からないことも多いらしい。ともあれ大事に至らなくて良かった。

amazonのレビューを立て続けに書いたことと、目眩で倒れたことは関係ないといえば関係ないのだが、自分の中では繋がっている。なんというか、やらなければいけないことや、やりたいことが多すぎて、休日もずっと働いていたものの、全然時間が足りず、とても焦っていた。そして、倒れる前の晩に自分の中でギヤをチェンジをした感じがあった。自分の中の回転を速めれば、周りの景色など気にせずに突っ走ることができる。忙しいときほど、さらにたくさんの仕事をしているということを、後でメールのやりとりなどを見て思うことがあるが、そういう状態に自分をシフトした。

ところが倒れてしまった。無理のしすぎだ。こうして立ち止まれるように体が正しく反応してくれたということか。そろそろ何か違う方法で自分を回さなければいけない時期に来ているのかもしれない。この3日ほど何もせず良い休養になったし、リセットして真っ新な目で新しく世界を見てみるというのも大切。


by katayama_t | 2018-03-19 20:54 | Life | Trackback | Comments(0)


記録すること。すべて過ぎ去ってしまう前に。
by katayama_t
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
Link
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


View my profile